古市憲寿、沖縄県知事の米軍批判を「いちばんのタブー」と表現したワケ

『めざまし8』で古市憲寿氏、沖縄県知事の発言を危惧「病気での差別は一番のタブー」

記事まとめ

  • 古市憲寿氏は『めざまし8』で沖縄県の玉城デニー知事を「ちょっと危険」と危惧した
  • 沖縄県知事は、米軍基地からのオミクロン株漏洩の可能性について怒りを表明した
  • 古市氏は「病気が理由で、ある集団を差別するって本当はいちばんのタブー」と語った

古市憲寿、沖縄県知事の米軍批判を「いちばんのタブー」と表現したワケ

古市憲寿、沖縄県知事の米軍批判を「いちばんのタブー」と表現したワケ

古市憲寿、沖縄県知事の米軍批判を「いちばんのタブー」と表現したワケ

 社会学者の古市憲寿が1月6日放送の「めざまし8」(フジテレビ系)に出演。米軍基地からのオミクロン株漏洩の可能性について怒りを表明した沖縄県の玉城デニー知事を「ちょっと危険」と危惧した。

 年末年始の人流増加に伴い、国内では再び新型コロナウイルスの感染者数が増え始め、1月5日には新たに全国で2600人を超える陽性者が確認された。とりわけ、沖縄では同日に623人もの感染者が出たことから、医療体制のひっ迫も懸念されるところだ。

 玉城デニー知事は1月2日、県庁での緊急会見において、同県での新変異株オミクロン株の感染拡大は「米軍由来のもの」だとコメント。米軍基地内から基地従業員へ飛び火し、それが市中へと流れ出して、「感染の種が市中に巻かれてしまった状況にある」との認識を示した。さらに「米軍における感染症拡大防止対策と管理体制の不十分さを示すものと言わざるを得ず、激しい怒りを覚える」とも批判。古市氏は、これについて「沖縄県知事の発言はちょっと危険だと思うんですよね」「確かに米軍に対する怒りはわかる。怒りはわかるんだけれども、本来、病気が理由で、ある集団を差別するって本当はいちばんのタブーじゃないですか。にも関わらず、米軍が由来で感染拡大しているってことはある種、沖縄県知事は明言してしまっている。これって欧米で起こったようなアジア人差別とすごい近い気もしていて、そういうことを煽るような発言はちょっと政治家としてどうなのかな。人々の差別意識みたいなもののほうが、僕はちょっと今、警戒感がありますね」と語り、玉城デニー知事の発言が差別を煽動するものだと指摘した。

「日本と米軍基地内における感染対策への意識の違いは少なからずあるのかもしれませんが、やはり沖縄県のトップが、市中感染の拡大を“米軍由来”と断定し、怒りを表明したことには、県内でも意見が分かれるところでしょう。ネットには、古市氏と同じく知事の発言が行きすぎたものだとして、『欧米で起こったようなアジア人差別と、なんら変わらない感情論。公正でなければならない行政の長が公言してはいけないことです』『デニー知事の気持ちはわからないでもないが、それでもトップとしての立場で言っていいことと悪いことがある』『内地の感染拡大は沖縄からの染み出しとか言われたらどう感じるの?』『米軍の甘さが原因の一つなのは確かだが、だからといって敵意をむき出しにするのは間違ってる』『米軍だって感染予防はしているはずだ』などの声が殺到。また、市中感染を“米軍由来”と明言することで、県内の日本人の気の緩みに免罪符をもたらしてしまう可能性を危惧する声もありました」(テレビ誌ライター)

 感染力の高さが報告されているオミクロン株だけに、市中感染の本当のルーツがどこにあるのかを、100%断言することは難しいのではないかとの指摘もある。

 コロナ禍における余計な分断を防ぐためにも、知事は差別意識を煽るリスクのある発言は控えるべきだったかもしれない。

(木村慎吾)

関連記事(外部サイト)