横浜流星、10代は俳優業に悩んでいた!現在の人気を裏付ける不断の努力とは?

横浜流星、10代は俳優業に悩んでいた!現在の人気を裏付ける不断の努力とは?

横浜流星、10代は俳優業に悩んでいた!現在の人気を裏付ける不断の努力とは?

 俳優の横浜流星が1月10日、ドラマ「新聞記者」(Netflix)のワールドプレミアイベントに女優の米倉涼子と出席。俳優業に悩んでいた過去を明かした。

「新聞記者」は19年6月に公開された映画「新聞記者」を全6話のドラマとして再構築。キャストも一新し、新たな物語として制作された。横浜は新聞配達をしながら大学に通う就活生・木下亮役を演じている。

 横浜は藤井監督から「自分が描きたい役目を任せたい」とオファーを受けたことについて「断る理由はなかった。ただ、相当な覚悟が必要でした」と明かしつつ、「僕も亮の考えに共感できる部分もあったし、皆さんにも感情移入してもらえるような役回りだと思うので、変に作り込みすぎず、その場に素直にいるというところを意識していました」と役作りについて語った。

 イベントでは一般客から出演陣への質問も受け付けたが、その中で「俳優に向いていないと思ったことはあるか」という質問も。横浜は「こんな自分の代わりなんていくらでもいる。自分も10代の頃に比べてしまう時期があって、その都度向いてないんじゃないかと思うことがありました」と告白。しかし「自分が決めた道だし芝居が好きだし、辞めるという選択肢はなかった」「いつ何が起きるかもわからないじゃないですか。時間もどんどん過ぎていくので、落ち込んでいる暇もないし、比べる暇もない。今に全力を尽くせば、そういうことを考えなく、僕はなりました」と語った。

 ネットでは横浜の告白に対して《私にとって流星の代わりはいないよ! ずっと大好きです、応援してます!》《ほんと真面目だよねー。頑張って》《空手で世界一になるほどストイックな努力家ですもんね》《顔もきれいなのは置いといても、空手も実力があり努力が出来る才能がある。逆に悩んでると聞くと、当たり前だけど普通の人と変わらないんだと安心します》など応援の声が相次いだ。

「横浜は12年1月に特撮ドラマ『仮面ライダーフォーゼ』(テレビ朝日系)でテレビドラマに初出演し、その後は14年から15年にかけて放送された『烈車戦隊トッキュウジャー』(テレビ朝日系)にレギュラー出演するなど特撮出身。それ以降は目立った活躍はありませんでしたが、19年のドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系)で髪色をピンクに染めた不良高校生役で一気にブレイク。その前後から参加した作品のプロデューサーや監督から演技を絶賛されています。

 横浜は中学3年生の時に極真空手の世界大会『2011年第7回国際青少年空手道選手権大会 13.14歳男子-55kgの部』で優勝し、世界一に輝いた経歴を持ち、翌年も『15歳男子-65kgの部』で3位を獲得。才能やセンスだけでは成し得ない結果であり、もともと努力家であったことがうかがえます。

 1月16日スタートのドラマ『DCU』(TBS系)でも苦手だった水を克服して役作りのためにスキューバダイビングの免許を取得したそうです」(芸能記者)

 不断の努力が今の横浜流星を作り上げたと言えそうだ。

(柏原廉)

関連記事(外部サイト)