「多目的トイレ不貞」渡部建がテレビ復帰報道もネット民は拒否反応

「多目的トイレ不貞」渡部建がテレビ復帰報道もネット民は拒否反応

「多目的トイレ不貞」渡部建がテレビ復帰報道もネット民は拒否反応

 お笑いコンビ・アンジャッシュの渡部建が相方の児嶋一哉と司会を務めていた「白黒アンジャッシュ」(チバテレ)の2月15日放送回で、テレビ復帰が予定されていると複数のスポーツ紙が報じた。

 渡部は女優の佐々木希と17年4月に結婚。翌18年9月には男児を出産している。仕事も私生活も順風満帆だった20年6月、週刊誌で複数の女性と交際していただけでなく、多目的トイレで不貞行為をしていたことが報じられ、テレビ番組などの出演を全面自粛。事実上の芸能活動休止状態となっていた。

 再スタートの場となる番組は、04年に始まったコンビ初の冠番組。渡部活動休止後の公式HPでは出演者欄から渡部の名前は消え「児嶋一哉MCのバラエティ番組」と紹介されていた。

 この報にネット民からは「禊は済んだと思いますが、需要があるかどうかは別問題だと思います」「テレビで見たら例のことが頭に浮かんじゃうから、チャンネル替えちゃうかもしれん」「生理的に無理‥‥」など厳しい声が。

「不貞問題はよくある話ですが、いかんせん場所が悪すぎました。多目的トイレは、お子さん連れの方や身体に不自由のある方が使う場所。そして、ホテルを利用することなくトイレで行為に及んだことは、不貞相手を軽んじているようにも思えます。そもそも、今のテレビ番組において渡部でなければならないシーンなどあるのか、渡部は唯一無二の存在なのか、甚だ疑問ですね」(女性誌記者)

 渡部の復帰は視聴者に受け入れられるのか、放送日にその結果が出るだろう。

関連記事(外部サイト)