満島ひかり、デザインしたネックレスに批判の声のワケ

満島ひかりがデザインしたバストをモチーフにしたネックレスに批判殺到

記事まとめ

  • 『未来への10カウント』で折原葵(満島ひかり)が桐沢祥吾(木村拓哉)に質問し不評のよう
  • 性加害告発された園子温監督が元カレとの噂もあり満島にはよくない風が吹いているとも
  • 満島がデザインするジュエリーラインに女性のバストをモチーフにした商品があり批判も

満島ひかり、デザインしたネックレスに批判の声のワケ

満島ひかり、デザインしたネックレスに批判の声のワケ

満島ひかり、デザインしたネックレスに批判の声のワケ

 放送中のドラマ「未来への10カウント」(テレビ朝日系)で松葉台高校の古文担当教諭であり、新任のボクシング部顧問の折原葵を演じている満島ひかり。「知らないことがあると気持ち悪い」というキャラ設定で、母校でのボクシング部コーチを引き受けたことをきっかけに同校の非常勤講師となった、木村拓哉演じる桐沢祥吾に、ボクシングの専門用語をしつこく質問するシーンが数回あり、視聴者に「満島演じる折原はちょっとうざい」という印象を与えてしまっているようだ。

「満島は、性加害告発された園子温監督の作品に出演しており、元カレという噂もあるため、現在、満島にはあまりよくない風が吹きつけているのかもしれません。そんなタイミングで発表されたのが、満島がデザイナーを務めるジュエリーライン『CASUCA na hicari』。満島の出身地である沖縄をイメージさせる太陽のモチーフや、イルカのモチーフといったデザインの中に女性のバストをモチーフにしたネックレスやリングがあり、これが一部で批判されているようです。

 アルファベットのWの先端にポッチを付けたようなそのモチーフに対し、ネット上では『えっ? キモい』『これは性ハラでは?』『マクドナルドのMマークを逆さにしてぽっちりを付けただけに見えるんだけど』など厳しい声があがっています」(女性誌記者)

 2018年3月にユマニテを退所してフリーになってから、「未来への10カウント」が民放連ドラ初出演となる満島。今後、桐沢との恋愛要素が描かれる予想がつくだけに、女性からのやっかみが増えそうだ。

関連記事(外部サイト)