広瀬アリス、「女優をやめようと思っていた」ことを明かしていた!

広瀬アリス、「女優をやめようと思っていた」ことを明かしていた!

広瀬アリス、「女優をやめようと思っていた」ことを明かしていた!

 女優の広瀬アリスが滝藤賢一とW主演するドラマ「探偵が早すぎる〜春のトリック返し祭り〜」(日本テレビ系)の第2話が4月21日に放送され、広瀬のコメディエンヌぶりに爆笑の嵐が巻き起こっている。

 このドラマは、2018年7月期のオンエアが好評に付き、制作された第2シーズン。犯罪防御率100%の探偵・千曲川光(滝藤)と巨額の遺産を引き継ぐ十川一華(広瀬)が最凶の刺客に立ち向かうコメディミステリー。第2話では、朝食のテーブルマナーについて育ての親とも言えるスーパー家政婦・橋田政子(水野美紀)から説教されるも響かない。そんな一華に「このやってるじゃん星人」と政子が突っ込むと、“やってるじゃん星人”になった自分を想像する場面が登場。一華がピンク色の全身タイツで踊る姿に、ネットでは「可愛すぎて面白すぎて最高過ぎたぁ」「ワロタ」「バレエの振り付けで足が上がってなくて吹くw」などのコメントが寄せられている。

「広瀬は、4月18日に放送された主演月10ドラマ『恋なんて、本気でやってどうするの?』(フジテレビ系)でも、結婚式の二次会でブルゾンちえみのモノマネを披露して、妹の広瀬すずに似ていることから『すずちゃんに似てる』『やっぱり姉妹そっくり』の声がSNSに上がっていました。4月期には連ドラ2本で主演。さらに4月29日には出演している映画『劇場版 ラジエーションハウス』が公開されるなど、今や超売れっ子女優と言えるでしょう」(芸能ライター)

 そんな広瀬が4月24日の鼎談番組「ボクらの時代」(フジテレビ系)に『劇場版 ラジエーションハウス』で共演する和久井映見、山口紗弥加とともに出演。女優をやめようと思っていたことを明かした。

「2017年に出演した朝ドラ『わろてんか』(NHK)に出演した際、『この朝ドラ頑張ってダメだったらやめよう』と決意。ジムに入会、お酒を控えて、食事制限もして撮影にのぞみ、結果的に演じた女芸人・リリコ役が大好評。スピンオフドラマも制作され、女優として大きくステップアップ。努力の大切さを口にしていました」(テレビ誌記者)

 しかし、広瀬は4月23日には9月開幕予定の舞台「薔薇とサムライ2‐海賊女王の帰還‐」を降板することが明らかになった。体が資本の女優業、ムリは禁物だ。

(窪田史朗)

関連記事(外部サイト)