アラフォーでこのコーデ?倖田來未のド派手トラ柄ボトムスに「あの人と同じ匂い」

アラフォーでこのコーデ?倖田來未のド派手トラ柄ボトムスに「あの人と同じ匂い」

アラフォーでこのコーデ?倖田來未のド派手トラ柄ボトムスに「あの人と同じ匂い」

 歌手の倖田來未が5月19日、自身のインスタグラムを更新。ライブ後のオフショットをアップした。

 この日、都内で自身初のフルオーケストラ公演「billboard classics KODA KUMI Premium Symphonic Concert 2022」の初日公演を行っていた倖田。ライブ後に更新されたインスタグラムでは「楽しかったーーーん!!! きんちょーしたーーん!!! オーチャードホール初めてやったけど最高に気持ちよかったです!! 明日もがんばりますー!!!」と、ライブを振り返った。

 投稿には、丈の短い黒のタンクトップに、トラ柄風のボトムスを着用し、両腕を上げて、達成感に浸るようなポージングを取る倖田の写真もアップされており、どれほどこの日のライブが満足いくものだったのかがわかる。

 また、丈の短いタンクトップということもあり、ウエストも見えているが、ライブ前には体型をしっかりと整えてくるストイックな倖田らしく、この日のウエストも細く、ライブに向けて準備を進めてきたことがうかがえる。

 そんな倖田の投稿には「宇宙でいちばんかわいい」「メッチャ素敵ですよ」「このスタイルくーちゃんらしくてカッコよき」「素晴らしすぎて泣きました」などのコメントがフォロワーから寄せられている。

 しかし、この投稿を一部のネットニュースが取り上げ、Yahooニュースに掲載されると、それを見た世間の人々からは「アラフォーでこのコーデはキツいだろ」「歌は上手なんだから、見た目は無理しないほうが好感持たれると思うんだけどな」「だんだん、お浜さんみたいになってきた気がする」など、いまだに艶っぽい路線を貫く倖田に噛みつくコメントも見受けられる。

「04年に映画『キューティーハニー』の主題歌を歌い、艶っぽいうえにカッコいいという独自スタイルを確立し、大ブレイクした倖田も、今年11月の誕生日で40歳を迎えます。現在もその路線を貫いていることもあり、最近では事務所の先輩である浜崎あゆみ同様に『年相応の見た目に落ち着けばいい』のにといった冷ややかなコメントを寄せられることが増えています。

 しかし、当の倖田は19年に行った全国ツアーの千秋楽公演で『よく年相応の格好とか言われるけど、年相応ってなんなのよ。倖田來未にとっていちばんカッコいいものであれば、やり続けていくべきだと思う』と、これまでの路線を貫いていくことを公言していますから、本人はこういった世間の反応は全く気にしていないでしょう。それにテレビ出演する度に体型の肥大化を指摘される浜崎とは違い、体型をキープするためにしっかり努力もしていますし、ファンに需要があるのであればそれはそれでいいのでは、とも思いますがね」(エンタメ誌ライター)

 ちなみに浜崎とは一時は不仲もささやかれていたが、5月13日に放送された音楽番組「MUSIC BLOOD」(日本テレビ系)では、浜崎と頻繁に連絡を取り合っていることを明かしていた倖田。互いに年を重ねて、同じような叩かれた方をしている2人だけに共感できることも増えたのかも?

(田中康)

関連記事(外部サイト)