渡部とは違う!“ゲス不貞”天竺鼠・瀬下豊がスピード復帰でも評価されたワケ

渡部とは違う!“ゲス不貞”天竺鼠・瀬下豊がスピード復帰でも評価されたワケ

渡部とは違う!“ゲス不貞”天竺鼠・瀬下豊がスピード復帰でも評価されたワケ

 お笑いコンビ・天竺鼠の瀬下豊が6月20日、自身のツイッターを更新。不貞騒動で自粛していた芸能活動を再開することを発表した。

 瀬下は3月に「週刊文春」によって20代女性との不貞が報じられ、さらに4月には別の女性との不貞を、またの「週刊文春」で報じられたことを受け、4月14日に自身のツイッターを更新。芸能活動の自粛を発表していた。

 そこからわずか2カ月ほどで更新された内容は、改めて不貞騒動に対して謝罪しつつ「行動自粛期間中、私の無責任な行動を深く見つめ直し、家族、相方、同期、芸人仲間とも話し合いを重ね、許しをいただき、6月21日に実施するライブ『かま天マーケット』への出演から仕事を再開し、一からやり直させて頂くこととなりました」というもの。

 ネット上では、《引退するんだとばかり思ってた》《自分で引退するって言ってたのに、仲間に言われて前言撤回か。この意志の弱さで、次は絶対にないという不退転の気持ちを貫けるのかね》など厳しい声も多かったが、《テレビのオファーも厳しいだろうし、ライブ活動からというのはいい判断だと思う》《復活についての是非の意見はあるかと思うけど、個人的には嬉しい。それに復活の場所を劇場ライブとしたのはいい判断だと思う》といった声もあがった。

「瀬下は2度目の不貞疑惑について記者の直撃を受けた際、『次出たら芸人やめると決めていた』と語っていました。そのため、4月に芸能活動自粛を発表した時に、このまま消えていくのだろうと考えた人が多かったため、わずか2カ月ほどのスピード復帰に驚いた人が多かったようです。

 一方で舞台からの復帰に対して評価の声があるのは、結果的にネット民の多くが唱えてきた復帰方法に沿ったものだからでしょう。最近ではアンジャッシュの渡部建や元・雨上がり決死隊の宮迫博之、TKOの木下隆行などが不貞問題や不祥事で芸能活動を自粛し、それぞれテレビでの復帰を目指しましたが、渡部の冠番組1本への復帰を除いては絶望的な状況です。それもネット民から言わせれば『イチから舞台で』という復帰を選ばなかったからということのよう。それを踏まえてのことかはわかりませんが、瀬下は『イチから舞台で』を実践することになります。ここからテレビへの復帰につながるのかはわかりませんが、批判一色とならなかっただけ意味はあるのかもしれません」(芸能記者)

 果たして瀬下はどこまで這い上がれるのか、今後に注目だ。

(柏原廉)

関連記事(外部サイト)