神田うの、顔面に熱視線を浴びた「グルメ企画」という“落とし穴”

神田うの、顔面に熱視線を浴びた「グルメ企画」という“落とし穴”

神田うの、顔面に熱視線を浴びた「グルメ企画」という“落とし穴”

 女優でタレントの神田うのが、1月21日に放送されたバラエティ番組「有吉ゼミSP」(日本テレビ系)に出演。激辛料理に挑戦するも、視聴者はその結果よりも彼女の表情の変化に目を奪われてしまったようだ。

 神田はKAT-TUN上田竜也、ジャニーズWEST重岡大毅、ガリットチュウ福島らとともに、激辛素材がたっぷり入った「超激辛 地獄谷麻婆チャーハン」に挑戦。

 セレブイメージが強く、激辛料理を食べるイメージが湧かない神田だが、実は激辛マニア。今回は自ら志願しての出演ということだが、必死に激辛料理を食すその姿はなかなか珍しい絵面となっていた。

 しかし、辛さに悶える神田の表情を見た視聴者の反応をみると、「え、こんな顔だったっけ?」「一瞬、誰か分からなかった」「顔のアップがちょっとキツいな」など、神田の顔面に驚いたという声がネット上で目立つ結果となってしまった。

「SNSに投稿されるのは基本静止画ですし、加工も可能なわけですから、久々に地上波で動く神田を見た人には奇異に映ったのかもしれませんね。しかも、今回の番組では激辛料理を食べるということもあって、表情の変化を押さえるためにカメラも神田の顔をアップで撮影することが多かったため、ことさら強調されたことも違和感の原因になっていそうです」(エンタメ誌ライター)

 テレビも4K時代。今後はグルメ系企画への出演を控えた方が賢明か?

(田中康)

関連記事(外部サイト)