Hey! Say! JUMP・有岡大貴、映画・ドラマ連続好演で役者としての評価が爆上がり

Hey! Say! JUMP・有岡大貴、映画・ドラマ連続好演で役者としての評価が爆上がり

Hey! Say! JUMP・有岡大貴、映画・ドラマ連続好演で役者としての評価が爆上がり

 Hey! Say! JUMPの有岡大貴の評価が爆上がりだ。

 公開中の映画「シン・ウルトラマン」に出演している有岡だが、彼の演技力に魅了される人が続出しているという。

 5月中旬から公開された「シン・ウルトラマン」は賛否こそあるものの、面白いという口コミも多く、興行収入も40億円を突破し、大ヒットしている。その中で有岡は日本に次々と出現する巨大不明生物「禍威獣」に対抗するために作られた禍威獣特設対策室の滝明久という役柄。主人公でウルトラマンに変身する主演の斎藤工やヒロインの長澤まさみらとともに、物語の中心的な人物となっている。

「有岡の役どころが非粒子物理学者とあって、非常に難解な数式のセリフや、マニアックな言葉を駆使するのですが、このセリフがよどみなく出てきて、しかもちょっとした陰のあるキャラクターの雰囲気を醸し出していました。役者として見直したという声は業界内にも多かったです」(芸能関係者)

 同時期に4月期のドラマ「インビジブル」(TBS系)にも出演していたが、こちらのほうでは、取り立てて演技の評判は聞かれなかったが‥‥。

「ドラマのほうは若手のエース候補の刑事という役柄でした。主人公は高橋一生で、捜査のためには手段を選ばず、法律違反すれすれの粗暴な振る舞いをするといった、ちょっと破天荒な役柄。有岡が目立ってしまうわけにもいかないですから、そういう意味では抑えた演技もできるということでしょう」(テレビ関係者)

 業界内で評価がうなぎ上りとあって、今後は「アイドル」以上に「俳優・有岡」として活躍の場を広げていきそうだ。

関連記事(外部サイト)