前払いギャラを振り込んだ途端に連絡が途絶え…坂口杏里に「芸能界復帰はムリ」諫言

坂口杏里氏"ギャラ前払い"で騒動も 作家の家田荘子氏が振り込みした途端連絡途絶える

記事まとめ

  • 坂口杏里氏は、元女性で格闘家の進一さんと8月15日にスピード離婚していたことを発表
  • 8月19日には、高円寺のスナックでバイトをしていることを明かし、来店の呼びかけも
  • 作家の家田荘子氏との対談では、ギャラの前払いを要求し、振込後に連絡が途絶え騒動に

前払いギャラを振り込んだ途端に連絡が途絶え…坂口杏里に「芸能界復帰はムリ」諫言

前払いギャラを振り込んだ途端に連絡が途絶え…坂口杏里に「芸能界復帰はムリ」諫言

前払いギャラを振り込んだ途端に連絡が途絶え…坂口杏里に「芸能界復帰はムリ」諫言

 今年6月に元女性で格闘家の進一さんとの結婚を発表したものの、8月15日にはスピード離婚していたことを発表した、元タレントの坂口杏里

 新婚早々に元夫である進一さんとの金銭トラブルをネット上で公開するなどし、世間からは冷たい視線が注がれていた。

 離婚発表後の8月19日には、高円寺のスナックでバイトをしていることを明かし、「ご来店の方はDMください」と、フォロワーらに来店を呼びかけ、何事もなかったように過ごしている。

 そんな坂口に、新たな金銭トラブルが持ち上がっているという。

「作家でYouTubeチャンネルも開設している家田荘子氏が8月16日に投稿した動画の中で、坂口と金銭トラブルになっていることを明かしたんです。スタッフが坂口に対談を申し込んだところ、ギャラを提示され前金で振り込むように言われ、『振込確認後、出演日の候補を出す』とのことで、スタッフは坂口を信用しその日のうちに振込をしたそうです。しかし振込をしたとたん、連絡が途絶えてしまったため、家田氏はYouTubeを通じて坂口に呼びかけることにした。家田氏のツイッターによると、この騒動はすでに解決済みのようで、『ご本人様と連絡がつきました! 前向きに出演日を調整させて頂いてる最中です。ラブコールの想いが伝わって、感謝します』とつづられています。これに対しネット上では、『前金もらっといて失礼にも程がある』『残念ながらこの子の場合は、ここから二転三転するのでまだ解決したとは言えないと思いますね』『家田さんのような方が、彼女を諭してあげられたらいちばんいいのですが』と、さまざまな声が上がっています」(週刊誌記者)

 そんな坂口は過去にも、別の人物と金銭トラブルを起こしていたというのだ。

「2017年には、タレントの加藤紗里が坂口から50万を貸してほしいというメッセージが届いていたことを暴露したんです。当時は個人的なやりとりを晒した加藤のほうに批判が集まっていましたが、今となっては風向きが変わっているようです。ここまで度重なる金銭トラブルを起こしているうえ、今回のギャラを前払いさせてバックレ騒動が明るみとなってしまいましたから、坂口に対する仕事のオファーは少なくなっていくことでしょう」(テレビ関係者)

 かつてはおバカタレントとして活躍し、人気もあった坂口だが、今後彼女をメディアで見かけることはなくなりそうだ。

(佐藤ちひろ)

関連記事(外部サイト)