葵わかなの足が消えた!赤い帯まで映り込んだ心霊写真に「不吉なことが起きなければいいが…」

葵わかながインスタグラムで写真公開 赤い帯が写り込み「心霊写真ではないか」の声

記事まとめ

  • 葵わかながインスタグラムで公開した写真が「心霊写真ではないか」と言われている
  • 下半分を赤い帯が覆っているが、週刊誌記者によると、心霊写真にはよくあるという
  • インスタのコメント欄には「足がないように見える」という指摘も

葵わかなの足が消えた!赤い帯まで映り込んだ心霊写真に「不吉なことが起きなければいいが…」

葵わかなの足が消えた!赤い帯まで映り込んだ心霊写真に「不吉なことが起きなければいいが…」

葵わかなの足が消えた!赤い帯まで映り込んだ心霊写真に「不吉なことが起きなければいいが…」

 女優葵わかなが9月20日、自身のインスタグラムで公開した写真が「心霊写真ではないか」と指摘されている。

 それは葵が観覧車に乗っているショット。キャップをかぶり白のTシャツ、黒っぽいスカートを身に着けた葵が、ガラス越しに外を見下ろしている。撮影したのは葵の向かいの座席に座っている人物のようだ。

 写真を見ると、まず気になるのが下半分を覆っている赤い帯だ。

「心霊写真はこのような赤い帯が写り込むことがよくあります。赤く覆われた部分に影響が出るという説も聞きます。そうであれば、葵の下半身に何かよくないことが起きるのかもしれません」(週刊誌記者)

 さらにコメント欄には「足がないように見える」という指摘も上がっている。本来ならスカートの裾から葵の足が出ているはずだが、足がないように見えるのだ。

「よく見ると葵の足はちゃんとあります。シートの下部が肌色なので、ないように見えるだけのようです。ただ、どうも見えているのは片方の足だけのような気も…。体の部位がないように見えるのも心霊写真にはよくあり、その部分が痛くなったり失ったりという説もあるだけに心配です」(前出・芸能ライター)

 インスタで公開したということは、葵はいっさい気にしていないということだろう。心配しなくてもよさそうだ。

関連記事(外部サイト)