クズ役がハマってる!早乙女太一、「六本木クラス」での怪優ぶりに絶賛の嵐!

早乙女太一、テレ朝「六本木クラス」での怪演ぶりに「天才的」と絶賛

記事まとめ

  • 竹内涼真主演ドラマ「六本木クラス」(テレビ朝日系)の最終回が9月30日に放送された
  • 香川照之演じる長屋茂の長男を演じた早乙女太一が今作で役者として名をあげたという
  • 早乙女の怪演ぶりに「ケンカシーンが天才的」「役がドンピシャ」などと絶賛の声

クズ役がハマってる!早乙女太一、「六本木クラス」での怪優ぶりに絶賛の嵐!

クズ役がハマってる!早乙女太一、「六本木クラス」での怪優ぶりに絶賛の嵐!

クズ役がハマってる!早乙女太一、「六本木クラス」での怪優ぶりに絶賛の嵐!

 竹内涼真主演ドラマ「六本木クラス」(テレビ朝日系)の最終回が9月30日に放送され、平均視聴率は過去最高の10.7%。全話は9.35%という結果となった。

 この日の放送では、主人公・宮部新(竹内)が憎む「長屋ホールディングス」会長・長屋茂(香川照之)の長男・龍河(早乙女太一)の陰謀によって、葵(平手友梨奈)が誘拐されることに。その監禁場所は茂に伝えたと、龍河から前話で銃撃に遭い入院していた新に連絡が来る。皆の制止を拒んで、亮太(中尾明慶)と茂のもとへ向かった新。茂は、場所が知りたければ土下座をしろと新に迫るのだった。

「仲間のためなら」と、初めて茂に土下座した新は、葵を救出するために監禁場所へと向かった。そこで新は、龍河と壮絶な戦いを繰り広げる。

 このシーンに視聴者からは「暴力シーン長すぎて、観ててしんどい」「早くこの暴力シーン終わってほしい」など、30分近く続いた凄惨なバトルに、少々不満だったようだ。

「今作で役者として名をあげたのは、龍河を演じた早乙女でした。彼の怪優ぶりに『龍河、ケンカシーンが天才的』『早乙女太一のクズ役のハマりっぷり、ハンパない』『役がドンピシャ。ナイフが似合う』などの意見が多数ありました。早乙女は10月5日スタートの『親愛なる僕へ殺意をこめて』(フジテレビ系)で、猟奇的連続殺人事件の犯人とされている殺人鬼を演じます。どんな凄みのある演技を見せてくれるか、今から楽しみです」(テレビ誌ライター)

 早乙女は、すっかりヒール役が板についたようだ。

関連記事(外部サイト)