ファン暴走!「新しい地図」ファンミーティングで起きた惨事とは?

元SMAP稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の初ファンミーティングで、お年寄りに惨事か

記事まとめ

  • 元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が、初のファンミーティングを行った
  • 一部の心無いファンの暴走によって、お年寄りが大怪我を負う悲劇が起きたらしい
  • 会場には、昼夜2回公演で1万6000人ものファンが集まったという

ファン暴走!「新しい地図」ファンミーティングで起きた惨事とは?

ファン暴走!「新しい地図」ファンミーティングで起きた惨事とは?

ファン暴走!「新しい地図」ファンミーティングで起きた惨事とは?

 2月16日、元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛香取慎吾が、東京・調布市の武蔵野の森スポーツプラザメインアリーナで、初のファンミーティングを行った。会場には、昼夜2回公演で1万6000人ものファンが集まったという。

「3人がジャニーズ事務所から独立後、初の単独イベントということで多くのファンが集結。一部スポーツ紙によると、会場では『新しい地図』の代表曲『雨あがりのステップ』などのライブパフォーマンスや、抽選で選ばれたファンをステージに上げ、一緒にゲームを楽しむなど、ファンにとっては満足のイベントとなったようです」(芸能記者)

 そんななか会場では、一部の心無いファンの暴走によって、お年寄りが大怪我を負う悲劇が起きたという。

「イベント後、ある女性ファンのツイッターの投稿が物議を醸しています。彼女によると、85歳の母親がイベントに参加していたそうなのですが、客席に金のテープが落ちてきた際、我を失ったファンが殺到し、母親は押し倒され、骨折したというのです。その時、ファンはイノシシ化しており、倒れた母親に目もくれずテープを追いかけていたとのこと。また、怪我をした女性はその後、入院となったようです。これにはSNSで『ご高齢の方を突き飛ばすとか、いい歳して常識がなさすぎる!』と批判の声が殺到。今後、イベントでは警備員の増員やテープの廃止が検討されるかもしれません」(前出・芸能記者)

 ファンには節度とマナーを守ってライブを楽しんでもらいたいものだ。

関連記事(外部サイト)