遠野なぎこのベッキーに対する皮肉コメントに“賛同者”が続出する背景

遠野なぎこのベッキーに対する皮肉コメントに“賛同者”が続出する背景

遠野なぎこのベッキーに対する皮肉コメントに“賛同者”が続出する背景

 女優の遠野なぎこが2月13日に放送されたバラエティ番組「バラいろダンディ」(TOKYO MX)に出演。ベッキーと、巨人・片岡治大コーチの結婚のニュースについて、皮肉全開のコメントをしている。

 人気ロックバンド「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音とのゲス不貞騒動を起こしたことで大きく好感度を落としていたベッキーの結婚とあって、各局の情報番組でも大々的に取り上げられており、いずれの番組でも大半の出演者たちは祝福の言葉を送っている。

 同番組でも、男性関係で苦労が耐えなかったことで知られる梅宮アンナは「私からすると羨ましい。とっても良かったねって」と、素直に祝福の気持ちを口にしていた。

 しかし、そんな梅宮のコメントに対して、遠野は「ウソつき。おめでたいわけないじゃない」と噛み付いた。

 さらに改めてこのニュースについて意見を求められると、遠野は「今度は不貞される側になっておめでとうございます」と、意地悪な顔をしてシッカリと揚げ足を取るようなコメントを発し、毒舌で知られる大竹まことからも「コラッ!」と注意された。

 ところが、視聴者の反応を見ると「遠野は嫌いだけど、今回ばかりは支持する」「よく言ってくれた」「自分も性格が悪いから不覚にも共感してしまった」などと、意外にも“遠野支持”の意見も一定数寄せられているのが事実。

「ベッキーによる不貞愛騒動は、いまやほとんどの国民が知っていると言っても過言ではない事案です。その苦境にありながら、片岡コーチと結ばれることができたという点において、今回の報道においては概ね祝福ムードが漂ったわけですが、一部、川谷の元妻を案じているのか、あるいは、どん底にまで落ちぶれたベッキーが、再び幸せになることに拒否反応を示すネットの声が、通常の結婚報道に比べると多いかもしれません。遠野の本心はわかりませんが、片岡コーチも女性問題についてはよろしくない噂もあるので、そういった意味を暗に含んでいたと解釈することもできます」(エンタメ誌ライター)

 実際、もしものことがあった時には、片岡コーチに対してベッキーは強く出ることができるだろうか。幸せなうちは、想像などしないだろうが…。

(本多ヒロシ)

関連記事(外部サイト)