劇団EXILE・鈴木伸之、サウナでの盗み撮り被害が“鉄板ネタ”に?その仰天理由とは?

劇団EXILE・鈴木伸之、サウナでの盗み撮り被害が“鉄板ネタ”に?その仰天理由とは?

劇団EXILE・鈴木伸之、サウナでの盗み撮り被害が“鉄板ネタ”に?その仰天理由とは?

 一糸まとわぬ姿を7枚も‥‥。劇団EXILE・鈴木伸之が11月1日放送の「ザ!世界仰天ニュース」(日本テレビ系)に出演し、サウナでの盗み撮り被害を明かした。

 この日のVTRで、公安警察による緻密な捜査の模様が放送されたことから、スタジオでは「尾行や盗み撮りに気付けるか」という話題へ波及。大のサウナ好きだという鈴木は、そのサウナで男性から盗撮の被害に遭った過去があると打ち明けた。

 鈴木は「脱衣所で全部服を脱いで入ろうとしたら、四つ角の隅で僕と一緒の動きをしている携帯があって、怖いなと思って、『撮ってないですよね?』って声かけたんですよ。そしたら、携帯をガッと隠されて。あ、撮ってるなって思った」と経緯を説明。男性の持っていたスマホのデータを確認したところ、そこには「マッパの写真が7枚くらい入ってて」という。

 男性に話を聞くと、鈴木のことは「誰だか知らない」といい、「じゃあ、なんで撮ったんですか?」との質問には「○○かったから(伏せ字で放送)」と“まさかの答え”が。この盗み撮り理由にはスタジオから失笑があふれ、MC・笑福亭鶴瓶も「仰天ニュースや!」とイジった。

「今回の放送では犯人が口にした動機を確認することはできませんでしたが、ネットには半ば大喜利のような形で、『So Big』『大きい人って見せびらかすように浴室を歩くよね』『立派だったんでしょうね』などとサイズにまつわる指摘が並ぶことに。というのも、鈴木はこれまでに何度かこのサウナでのエピソードを披露しており、昨年3月放送『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)では、盗み撮り犯の男性から小声で『大きかったから』と言われたと告白。これに鈴木は『この期に及んで何を言ってるんだ』と驚かされたようですが、何度も鉄板のトークネタとしている辺り、彼にとっては印象深い出来事だったのでしょう」(テレビ誌ライター)

 最後はもちろん警察に通報し、6時間ほど調書を書くことになったという鈴木。コロナ禍前は「週に7~8回」もサウナに通うほどだったそうだが、ほかの客も思わず二度見してしまっているかもしれない?

(木村慎吾)

関連記事(外部サイト)