柿澤勇人、「鎌倉殿」で魅せた“暗殺される間際”の「切ない演技」に感動の声が続々!

「鎌倉殿の13人」で柿澤勇人演じる源実朝暗殺に嘆きの声 「切ない演技」に感動の声も

記事まとめ

  • NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で柿澤勇人演じる源実朝が暗殺され嘆きの声も
  • ネット上には「わかっていた暗殺事件なのにすごく切ない」などの声が相次いでいる
  • 柿澤はミュージカル「東京ラブストーリー」では、カンチこと永尾完治を演じている

柿澤勇人、「鎌倉殿」で魅せた“暗殺される間際”の「切ない演技」に感動の声が続々!

柿澤勇人、「鎌倉殿」で魅せた“暗殺される間際”の「切ない演技」に感動の声が続々!

柿澤勇人、「鎌倉殿」で魅せた“暗殺される間際”の「切ない演技」に感動の声が続々!

 史実としてわかっていたことだけれど心が痛い──。

 11月27日放送のNHK大河ドラマ鎌倉殿の13人」第45話「八幡宮の階段」で公暁(寛一郎)に暗殺された柿澤勇人演じる源実朝に嘆きの声があがっている。

 実朝(柿澤)の右大臣拝賀式の帰り道、太郎こと北条泰時(坂口健太郎)が警固をする中、鶴岡八幡宮の木の陰に潜んでいた公暁は北条義時(小栗旬)だと勘違いして、太刀持ちをしていた源仲章(生田斗真)を殺害。公暁は続けて実朝にも刃を向けると、実朝は拝賀式の前に「嫌な予感がする」と言う泰時から「太郎のわがままです」と手渡された小刀を懐から取り出すも、その手から離した。自身の意思で小刀を捨てた実朝は公暁から目を離さずに小さくうなずくと、公暁の刃は実朝の命を絶ったのだった。

 ネット上には「わかっていた暗殺事件なのにすごく切ない」「実朝の最後のうなずきが悲しい。辛い。痛い」「争いが嫌いで俳句が好きな優しい実朝。最後の最後まで本当に優しかった」「天命に逆らってほしかった」「何の罪もない清らかな実朝のうなずきがすべてを物語ってた」「太郎に最後まで見守られていたことが唯一の幸せか」「公暁の父が暗殺され自分が鎌倉殿になったことを知ってからずっと自責の念を抱いてたんだろうな。復讐されることを天命だと思っていた実朝が不憫」といった声が相次いでいる。

「脚本家の三谷幸喜氏が史実を脚色し、実朝は太郎に恋しているという設定を加味したことで、実朝が太郎から手渡されていた小刀を懐から出したのちに手放し、公暁の目を見ながらうなずくシーンが、より印象的になったと思います。柿澤によれば、脚本には『公暁に向かってうなずく』とト書きにあったそうですが、あのうなずきには実朝の無念や諦念、あらゆる苦しみからの解放や悟りなど、多くの感情が凝縮されていたことは、視聴者にちゃんと伝わったのではないでしょうか」(女性誌記者)

 同日から東京・池袋にある東京建物ブリリアントホールで公演がスタートしたミュージカル「東京ラブストーリー」では、カンチこと永尾完治を演じている柿澤。恋心を解せない太郎に恋した実朝の次は、自由奔放な赤名リカに恋するカンチを存分に演じてほしい。

関連記事(外部サイト)