ROLAND、ついに側近が“宣戦布告”した源氏名「ぶっ飛び」ネーミングセンス!

ROLAND、ついに側近が“宣戦布告”した源氏名「ぶっ飛び」ネーミングセンス!

ROLAND、ついに側近が“宣戦布告”した源氏名「ぶっ飛び」ネーミングセンス!

 ホスト王のROLANDが、11月25日にYouTubeチャンネル「THE ROLAND SHOW」を更新。『ローランドが名付けた源氏名「湿度」に黒崎店長が激ギレ「明日変えます」』とのタイトルで、ROLANDが付けたホストの源氏名に異を唱える様子が公開された。

 ここで問題となったのは、新人ホストに“紅崎湿度”と名付けたこと。これに反論したのがROLANDの右腕でホストクラブ「THE CLUB」の黒崎店長だった。

「黒崎店長はこの源氏名に『ふざけすぎじゃない?』と反論。もともとこの店は“黒崎”の苗字が付いた源氏名が多く、その理由を『僕に憧れてくれてるから』。それなのに『“湿度”って何? それでウケてるのって内々の俺らだけ』『知らない人からしたら、この店大丈夫? ってなりますから』と激怒。しまいには『社長(ROLAND)が“いい”と言っても、社長とバトります』と宣戦布告しています」(女性誌記者)

 どうやらこの源氏名は“紅崎”のほうは先輩ホストの源氏名にあやかり、“湿度”については本人がROLANDとの面接で「縮毛矯正かけてるんですけど、東京の湿度が高かった」と放った言葉がキッカケのようだ。動画ではその場面も公開され、最後に「果たして湿度の運命やいかに」とのナレーションで締めくくられている。

 2020年4月9日にアップされた動画では、ROLANDが新人ホストに名前をつける様子を公開。中国籍で韓国の血筋という異色の経歴を持つ新人に「ソン・ソンミン」という源氏名をつけ微妙な空気が流れた。その理由について、ROLANDはサッカー好きで、今アジアで活躍している韓国のサッカー選手「ソン・フンミン」にちなんで付けたと説明。しかし、源氏名をつけられたホスト本人も、これには複雑な顔を見せていた。

 実は、そんな彼の「ROLAND」という源氏名の言われも意外なものだった。

「昨年1月27日にアップされた動画では、それまでは『東城誠』という源氏名だったのを2017年8月に『ROLAND』と改名。その理由について『名前を変えることにより、ブランディングを変えたかった』『“女は金だ”そういう営業方法から卒業したかった。そう思った時に名前を捨てようと思った』と語っています。そして『その時たまたま“帝一の國”って漫画読んでて“ローランド”って出てきたんですよ。これでいいやって』とコメント。名前の由来が人気漫画家・古屋兎丸氏の『帝一の國』のキャラクターであることが明らかになました」(エンタメ誌ライター)

 なんとも奇抜なネーミングセンス。しかし「湿度」はやっぱりぶっ飛びすぎかも?

(窪田史朗)

関連記事(外部サイト)