高いか安いか?たむらけんじが告白した「最高月収840万円」に喧々囂々

高いか安いか?たむらけんじが告白した「最高月収840万円」に喧々囂々

高いか安いか?たむらけんじが告白した「最高月収840万円」に喧々囂々

 お笑い芸人のたむらけんじが2月26日、情報バラエティー番組「大阪ほんわかテレビ」(読売テレビ)の公開収録に参加し、自身の“最高月収額”を明かしている。

「NGナシでどんな質問にも答えます」との触れ込みの下、とあるファンから「テレビで拝見してて、お金儲けが上手な印象ですが、月収を教えてください」との公開質問が寄せられ、たむけんは慌てた様子で「全然安いですよ。びっくりするくらい」と困惑。なんとかその場をやり過ごそうとするも、最終的には「最高月収は840万円です」と具体的な金額を告白するに至った。

「たむけんといえば、本業のお笑い芸人としての稼ぎ以外にも、焼肉屋などで社長を務める実業家としての収入もあり、仮想通貨では“億単位”の儲けがあったとも噂されました。今回の840万円という最高月収はもちろん一般人からすれば別次元な額ですが、本業と副業を合算したたむけんの最高月収としては低いような気がします。おそらくは獅子舞の小道具を抱えて大ブレイクしていた時代の“芸人としての最高月収”ではないでしょうか。そもそも仮想通貨からの儲けや、社長を務める焼肉屋の事業からの売り上げや収益などを月収で換算することはあまり一般的ではなく、あくまで吉本興業からのお給料という意味合いでしょう。仮に全ての収入を含めた最高月収であれば2〜3000万円は軽く超えていてもおかしくありません」(テレビ誌ライター)

 たむけんによる最高月収の告白について、ネット上からは「人脈半端無いからね、この人。後輩からの人望もあるし」「人脈と世渡り上手」「関西のレギュラーとか考えたら少ないくらい」「羨ましい」との声が続々と集まり、とりわけ、たむけんの人間力や商人魂を評価する反応が多く寄せられている。

 大阪のラーメン屋からは“カメラが回ってなければおもろない奴”とのヤジツイートを浴びたたむけんだが、もはや彼の脳内はお笑いではなく、他事業のマネジメントへの関心で埋め尽くされているのかもしれない。

(木村慎吾)

関連記事(外部サイト)