蛯原友里、「アネッサ」CM返り咲きの裏にSUのドロ沼不貞騒動が!?

蛯原友里、「アネッサ」CM返り咲きの裏にSUのドロ沼不貞騒動が!?

蛯原友里、「アネッサ」CM返り咲きの裏にSUのドロ沼不貞騒動が!?

 2005年の夏、当時ファッション誌「CanCam」の専属モデルとして人気急上昇中だった蛯原友里が、真っ白な肌にピンクの水玉柄セパレート水着姿で出演していた資生堂の日焼け止め「アネッサ」のCMを覚えているだろうか。

 その後、2008年まで同商品のイメージキャラクターを務めていた蛯原は今年、「アネッサ」の“赤ちゃんでも使える低刺激性日焼け止めミルク”のイメージキャラクターに返り咲いた。

 2009年12月にヒップホップグループRIP SLYMEのメンバーであるILMARIと結婚し、2015年11月に第1子男児を出産している。

「そんな蛯原に、以前と変わらぬ美しさでほほ笑む姿には『以前より美人になってる』『表情が柔らかくなった』『こんなにかわいくてきれいなママ友がいたら自分が恥ずかしくなる』『アラフォーでこの美貌は罪』など、称賛の声が集まっているようです。実は今回の蛯原の『アネッサ』復帰は、夫であるILMARIが所属するRIP SLYMEが昨年10月末に活動休止したため『私が働かなくちゃ』とヤル気を出したからだと噂されています。もっと言えば、RIP SLYMEが休止することになったのは、元メンバーのSUが大塚愛という妻がいながら22歳年下のモデル江夏詩織と不貞関係を続け、ドロ沼化したことが露呈したから。SUは同グループ脱退後、所属事務所も退所。不貞相手だった江夏とも別れ、現在はジュエリーデザイナーをしている元タレントの内藤陽子と交際していますから、活動休止のままのRIP SLYMEとSUの元妻である大塚愛だけが貧乏くじを引いた格好になっていますからね」(女性誌記者)

 ママになった蛯原の水着姿も見たかったが、それはないそうで残念。

関連記事(外部サイト)