新バイプレーヤー発見!「わたおじ」戸塚純貴の“理数系イケメン”な素顔

新バイプレーヤー発見!「わたおじ」戸塚純貴の“理数系イケメン”な素顔

新バイプレーヤー発見!「わたおじ」戸塚純貴の“理数系イケメン”な素顔

 放送中のドラマ「私のおじさん〜WATAOJI〜」(テレビ朝日系)で安定したバイプレーヤーぶりを見せている戸塚純貴。バラエティ番組「限界MAX★あなたも私もヤッテミー!!」担当のイマドキの若者アシスタントディレクター・九条隼人をコミカルに演じてハマっているのだが、実は戸塚が芸能界デビューしたきっかけは「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」にて「理想の恋人賞」を獲得したこと。この賞はかつて三浦翔平や溝端淳平も獲得した、いわゆるイケメン枠。しかし、端正な顔立ちを忘れてしまうほどの“三枚目キャラ”を演じることが多いのだ。

「2018年8月公開の映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』では、真選組の監察方である山崎退を好演。『まるで原作漫画から抜け出てきたみたいにマヌケな山崎』に、女性だけでなく多くの男性ファンも獲得したと言われています。戸塚は映画『銀魂2』公開前に、映画配給会社による公式ツイッターで『これでキャスト全員の情報を解禁』と書かれた投稿の時点で忘れられており、戸塚サイドとファンによる指摘で、映画公式アカウントが謝罪と共に、改めて情報解禁されたことが逆に話題となり、その時点からファンを獲得し始めたのだとか。『痛快TV スカッとジャパン』(フジテレビ系)でのショートドラマで主演することも多く、どんなキャラも確実に笑わせてくれると評判です」(女性誌記者)

 主役より脇役を演じて主役を食うタイプの戸塚。アーク溶接特別教育修了証、クレーン運転技能講習修了証、低圧電気取扱特別教育修了証など、車の整備士になるための専門的な免許10種を所持している理数系の頭脳を持っているからこそ、文系脳が多い役者の世界で異彩を放っているのかもしれない。

関連記事(外部サイト)