「絶対正義」の緊迫シーンで見せた“田中みな実らしさ”に冷笑!

「絶対正義」の緊迫シーンで見せた“田中みな実らしさ”に冷笑!

「絶対正義」の緊迫シーンで見せた“田中みな実らしさ”に冷笑!

 3月2日放送の「絶対正義」(フジテレビ系)第5話で田中みな実が見せた“らしさ”が話題になっている。

 この日の放送は、高校の卒業式に15年後の再会を誓った「えびいろの丘」に集まった範子(山口紗弥加)が、由美子(美村里江)、理穂(片瀬那奈)、和樹(桜井ユキ)から首を絞められるもなかなか絶命せず、最後はそんな4人を背後から見ていた麗香(田中)が、丘の上から範子を突き落とし、血まみれになってピクピクする範子の動きが止まったところで終了。範子は絶命したように見えたが、その真相は明らかにはならなかった。

 このドラマ、ネット上で実況しながら視聴する人が多く、麗香だけが山口演じる範子の殺害に参加せず、背後から見ているというシーンに「殺害に参加しないでいい子ぶってる麗香が田中みな実っぽい」「1人だけ手を汚そうとしない麗香に感じる田中みな実らしさ」「麗香だけ無実を主張してあとの3人を裏切りそうなところが田中みな実と重なる」など、演じている役柄と田中個人のイメージが似ていることを指摘する声が続出したのだとか。

「その後に麗香が範子を丘の上から突き落としたシーンでは、やはり演技経験が少ないからか『緊張感のない歩き方で範子を突き落としに行くなよ』『緊迫したシーンをブチ壊す元女子アナの演技力』『それは麗香じゃなくて田中みな実』といった、田中の芝居に対する厳しい声があがっていたようです」(女性誌記者)

 田中が今後も女優業を続けていこうと思うなら、少しは演技の勉強をしてもらいたいものだ。

関連記事(外部サイト)