吉岡里帆、今度は「京都弁があざとい!」理不尽炎上の理由とは?

吉岡里帆出演の「綾鷹」新CMが炎上騒ぎ 京都弁を話す設定に「あざとい」の声

記事まとめ

  • 吉岡里帆が出演している「綾鷹」の新CMが、炎上騒ぎになっているという
  • 吉岡が、京都弁を話す設定に「いかにも男ウケしそうであざとい」という評価も
  • 京都弁は、博多弁と並んで『彼女が使っていると可愛い方言』とされているとか

吉岡里帆、今度は「京都弁があざとい!」理不尽炎上の理由とは?

吉岡里帆、今度は「京都弁があざとい!」理不尽炎上の理由とは?

吉岡里帆、今度は「京都弁があざとい!」理不尽炎上の理由とは?

 女優の吉岡里帆が出演している「綾鷹」の新CM「茶葉のあまみ」篇に対し、不条理なツッコミによってまたもや炎上騒ぎになっているという。

 髪を後ろでひとつに束ね、白いシャツ姿の吉岡は、清楚でおしとやかな雰囲気でお茶屋の店主を演じるCM。「甘みのお茶、初めてでしょ?」「茶葉の甘み、感じました?」「愉しみましょう」と、はんなりした京都弁はごく自然な雰囲気に思えるのだが…。

「吉岡は京都市出身ですから、自然な感じの京都弁で話せるのも当然。彼女が綾鷹のCMに初登場したのが2017年3月。京都弁が大好評だったようで、今回もその流れで、京都弁を話す設定になったのでしょう」(エンタメ誌ライター)

 この京都弁が「いかにも男ウケしそうであざとい」という評価を受けてしまっているようなのだ。

「京都弁は、博多弁と並んで『彼女が使っていると可愛い方言』とされています。すでに、男性からの支持が厚い吉岡が、京都弁まで繰り出してきたこと自体が一部の人にしてみれば“やりすぎだ!”と受け取られてしまっているとしか思えません。『京都弁がわざとらしいよ』『聞いててイライラしてくる』『口にする言葉とは真逆なことを心の中では考えていそう』など、痛烈な批判に発展してしまっているようです」(前出・エンタメ誌ライター)

 一方で、ネット上でも「吉岡さんの京都弁癒やされる」「こんな風に京都弁でもてなされたいよな」など、好反応の声も多く獲得している同CM。

 今回のCMだけでなく、ドラマなども含め吉岡は、脚本に沿って演じているにすぎない。制作側が求められ、それに応えたものを「あざとい」と批判されてしまうのは、いささか理不尽という気がしなくもない…。

(石見剣)

関連記事(外部サイト)