まさかの夢オチ!?深田恭子「はじこい」の荒唐無稽な展開に視聴者ドン引き

深田恭子「初めて恋をした日に読む話」濃厚キスのラストに、「ありえない」と物議

記事まとめ

  • 深田恭子「初めて恋をした日に読む話」最終回"ラストシーン"が物議を醸しているという
  • ラストでは、匡平(横浜流星)と順子(深田)が他の生徒の前で抱き合って濃厚なキス
  • 視聴者からは「ハッピーエンドでよかった」という声の一方、「ありえない」との声も

まさかの夢オチ!?深田恭子「はじこい」の荒唐無稽な展開に視聴者ドン引き

まさかの夢オチ!?深田恭子「はじこい」の荒唐無稽な展開に視聴者ドン引き

まさかの夢オチ!?深田恭子「はじこい」の荒唐無稽な展開に視聴者ドン引き

 3月19日、深田恭子主演ドラマ「初めて恋をした日に読む話」(TBS系)が最終回を迎えたが、同ドラマの“ラストシーン”が、視聴者の間で物議を醸しているという。

「『はじこい』は、深田演じる塾講師・順子と、横浜流星演じるイケメン受験生・匡平の恋を描いたドラマです。ラストでは、匡平が授業を受ける東大の講義室に、全身ピンクの服を着た順子が乗り込み、『本当に私でいいの?』『好き』と告白。すると2人は、他の生徒がいるにもかかわらず、抱き合って濃厚なキスを始めるという展開でした。10代の男女ならまだしも、主人公は34歳の女ですから、この行動には賛否の声が飛び交っています」(テレビ誌記者)

 年の差カップルということもあり、ラストシーンには、周囲の目を気にせず生きて行く2人というメッセージを込めたのかもしれない。

 しかし視聴者からは「ハッピーエンドでよかった」という声がある一方、「いきなり知らないおばさんが、講義室に入ってきて学生とキスとか恐怖しかない」「大人なんだから場所をわきまえてほしかった。ありえない!」「場所が特殊すぎてキスシーンに集中できないよ!」とドン引きの声も。さらに一部では夢オチ説まであがっているようだ。

「前回、主人公はバイクに轢かれ、交通事故に遭うという展開で終了しました。それは意識不明で入院するほどの事故だったにもかかわらず、最終回では後遺症もなくすぐに復活。さらに後半は突然、主人公がスプーンに触っただけで真っ二つに割れるという超能力が発動し、そのままラストのキスへ向かうという荒唐無稽なシーンが続いたのです。そのため、一部視聴者からは『主人公はまだ事故で意識が戻っておらず、最終回はベッドの上で見ている夢ではないのか?』と、夢オチを疑う声もありました」(前出・テレビ誌記者)

 とはいえ今回のラストは、視聴者を騒がせており、大きなインパクトを与えることには成功したようである。

関連記事(外部サイト)