小林よしひさだけじゃない!ママたちが卒業を惜しんだEテレの人気者

小林よしひさだけじゃない!ママたちが卒業を惜しんだEテレの人気者

小林よしひさだけじゃない!ママたちが卒業を惜しんだEテレの人気者

 幼児向け番組「おかあさんといっしょ」(NHKEテレ)にて、14年間にわたって“たいそうのおにいさん”を務めてきた小林よしひさが卒業。浅井企画所属のタレントとして、4月1日に公式ブログを開設した。翌2日には、先に卒業していた“うたのおにいさん”こと横山だいすけとのコラボも発表し、世のママたちを喜ばせている。

 そして番組では4月1日から、新たな“たいそうのおにいさん”として福尾誠が出演。前任者の小林から一挙に10歳も若返り、世のママたちからは福尾に期待する声があがる一方で、「よしひさロス」も伝わってくるという。そのEテレではほかにも、人気キャラが惜しまれつつ卒業したというのだ。

「4〜6歳児が対象の番組『みいつけた!』にて、メインキャストのスイちゃんを4年にわたって務めていた川島夕空が卒業しました。小1で3代目スイちゃんに就任した川島は、大人びた顔つきと年齢のわりには達者すぎる演技で、就任当初こそは『スイちゃんらしくない』との声もありましたが、気が付いたらすっかりスイちゃん役がハマって人気者に。共演するイスのキャラクター『コッシー』の声を担当するサバンナ・高橋茂雄との息もぴったりで、卒業時には高橋が〈ゆあちゃんは、かわいくておもしろくて歌もうまくてダンスも抜群でほんとに最高の仲間だよ!〉と絶賛していたほどです」(女性誌ライター)

 こちらも4月1日から4代目スイちゃんとして増田梨沙が登場。まだ年長組という未就学児ながら、川島も顔負けの演技達者ぶりを披露しており、視聴者を驚かせているようだ。その一方で、3代目スイちゃんこと川島の卒業に期待を寄せる声もあるという。

「川島は『みいつけた!』を務めながらドラマにも出演し、1月にはディーン・フジオカと井浦新のW主演で話題になった『レ・ミゼラブル 終わりなき旅路』(フジテレビ系)にも出演するなど、卒業後を見据えた動きを見せていました。その川島が所属するのは、この1月期に話題をさらったドラマ『3年A組』(日本テレビ系)でも存在感を示した女優・福原遥が子役の時に所属していた事務所なのです。福原が『クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!』(NHKEテレ)をきっかけに飛躍したように、川島にも今後、レギュラー番組への登場が期待されています」(前出・女性誌ライター)

 ちなみに福原がまいんちゃんに就任したのは小5の時で、川島もこの4月から小5に進級している。人気番組を卒業したばかりの川島だが、その前途には期待が集まっているようだ。

(白根麻子)

関連記事(外部サイト)