GACKTが明かした「俳優業を続ける理由」に“もらい泣き”の声

GACKTが明かした「俳優業を続ける理由」に“もらい泣き”の声

GACKTが明かした「俳優業を続ける理由」に“もらい泣き”の声

 5月2日放送の「直撃!シンソウ坂上SP」(フジテレビ系)に出演したGACKTが、涙で瞳を潤ませたことが話題になっている。

 この日はGACKTが6年前から住んでいるマレーシアの首都・クアラルンプールにある豪邸を公開。敷地面積1700平米という豪邸にはバーカウンターやシアタースペースなどがあり、個人宅というよりまるでリゾートホテル。食事はすべて外食で、クアラルンプールの有名ショッピングセンターでは、滞在時間わずか5分で120万円のお買い物。さらに日本にいた頃からミュージシャンや俳優のほかに不動産業を営んでいたことを明かし、マレーシアで出会った実業家と会社を立ち上げ、東京では5億円はくだらないという一流家具付き1億4000万円の超高級物件から、3000万円の2LDKタワーマンションまで、幅広く販売していると説明したのだ。

「坂上ではありませんが、よくぞここまでGACKTが私生活を教えてくれたものだと驚きました。しかし視聴者をさらに驚かせたのは、『誰かのために頑張ろうと思った初めての人』として緒形拳さんの名前を挙げたことでしょう。2007年に大河ドラマ『風林火山』(NHK)で上杉謙信を好演したGACKTですが、キャスト発表時には長髪でビジュアル系バンドマンらしい外見に批判の声が集まり、アンチや敵だけでなく、いろいろなプレッシャーにも押しつぶされそうになっていたと、ブログにも書き込んでいたほどだったそう。そんな心が疲弊していたGACKTを救ってくれたのが、同じ大河ドラマで上杉家の家臣・宇佐美定満を演じた緒形さんで、『緒形拳が「できている」、そう言っているんだ。自信を持ってやれ。大丈夫だよ、パパがついている』と励まされたと明かしました。『一緒においしいそばを食べに行こう』と約束していた日の1週間前の2008年10月5日に緒形さんが亡くなり、GACKTは1カ月ほど何も手につかなかったとも。『初めてだったんですよね、あんな風に救ってもらったのは』と涙を流し『僕はミュージシャンがメイン。緒形さんがくれたものを止めたくないから(役者を)やっている。役者を辞めるのは裏切りだと思うから、タイミングが合えば役者の仕事を引き受ける』と目を潤ませながら語るGACKTに、ネット上で『感動した』『もらい泣きした』といった声が相次いだのもうなずけます」(女性誌記者)

 緒形さんから「頭を下げて、いつも笑顔でみんなにかわいいと思われる人になりなさい」と教えられたというGACKT。出演映画「翔んで埼玉」が興行収入30億円超えの大ヒット作になったことを、きっと緒形さんも喜んでいるに違いない。

関連記事(外部サイト)