アーティスト活動が充実の香取慎吾「地上波復活」への足がかりとは

アーティスト活動が充実の香取慎吾「地上波復活」への足がかりとは

アーティスト活動が充実の香取慎吾「地上波復活」への足がかりとは

 現在、東京・IHIステージアラウンド東京にて、個展「サントリー オールフリー presents BOUM ! BOUM ! BOUM !(ブン!ブン!ブン!)香取慎吾NIPPON初個展」を開催中の香取慎吾。彼の個展に、以前から交流の深い歌舞伎俳優の中村獅童が訪れ、中村のインスタグラムにその様子が報告された。

「5月21日に更新された中村のインスタでは、香取と仲良く肩を並べるツーショ写真をアップ。2人はかつてフジテレビ系ドラマ『HR』やNHK大河ドラマ『新選組!』などでも共演しており、親交を深めています。また香取のインスタにも同じような写真がアップされ『#獅童さん が僕の個展 #boum3 に来てくれました!!ありがとうございます!嬉しいっ!』と喜びのコメントを添えていました」(女性誌記者)

 香取は、昨年フランス・パリで行われた日本文化の祭典『ジャポニスム2018』ではルーブル美術館のホールで初の個展『NAKAMA des ARTS』を開催。一方、中村も国立シャイヨー宮で『松竹大歌舞伎』に出演して、香取は歌舞伎を鑑賞している。同年の9月20日の香取のインスタでは「初日ちょこっとだけ覗きに行きました!」と、現地で会った中村とのツーショ写真もアップ。「今日千秋楽を迎えるお忙しい中、お時間作って頂き、獅童さんに会えました!久しぶりの再会で嬉しかった!!」と再会の喜びを語っている。

 そんな2人は、4月30日〜5月1日にかけて放送されネット番組『7.2 新しい別の窓#14』(AbemaTV)では、歌舞伎舞踊の1つである“連獅子”を披露。これがまた、香取のファンから大きな反響を呼んだ。

「連獅子は、2人の役者が親子の獅子の舞いを演ずる演目。歌舞伎の舞台は初となる香取は、見せ場である重いカツラを被ったまま頭を大きく振る“毛振り”にも挑戦。中村は『慎吾ちゃんすごいのは、あんなに振れないんですよ、普通(中略)素晴らしい!』と絶賛していました」(エンタメ誌ライター)

 歌舞伎の初舞台を見事演じ切った香取。香取の今後について、こんな予測をする者も。

「ジャニーズ事務所退社して以来、香取はほとんど民放の番組に出ていません。そのため、4月27日に放送された番組『人生最高レストラン』(TBS系)にスポンサーや旧知のスタッフの後押しもありゲスト出演した際は、多くのファンが狂喜乱舞していました。中村獅童を始め今まで培った人脈を武器に、そろそろ民放に復帰する日も近いのでは」(スポーツ紙記者)

 アーティスト活動だけでなく、今まで培った人脈も駆使して、いずれはジャニーズ事務所をあっと驚かせる番組を作って欲しいものだ。

(窪田史朗)

関連記事(外部サイト)