「違和感全開で加工は嫌」工藤静香、写真修正への嫌悪感に賛同者続出のワケ!

工藤静香の"写真の加工”に関する考え方が話題 『ちょっと嫌、加工は』と拒否感も

記事まとめ

  • 工藤静香の"写真の加工”に関する考え方が話題を呼んでいるよう
  • 工藤はSNS投稿時の画像の加工については、あまり理解をしていない様子
  • 「工藤静香のオールナイトニッポンGOLD」では『ちょっと嫌、加工は』と拒否感を示した

「違和感全開で加工は嫌」工藤静香、写真修正への嫌悪感に賛同者続出のワケ!

「違和感全開で加工は嫌」工藤静香、写真修正への嫌悪感に賛同者続出のワケ!

「違和感全開で加工は嫌」工藤静香、写真修正への嫌悪感に賛同者続出のワケ!

 歌手の工藤静香が6月14日、「工藤静香のオールナイトニッポンGOLD」(ニッポン放送)に出演。約2年ぶりにパーソナリティを務めた工藤による“インスタグラムなどに投稿する写真の加工”に関する考え方が話題を呼んでいるようだ。

「工藤さんといえば、いま現在もインスタグラムを活用し、頻繁に写真や動画を投稿していることで知られていますが、リスナーからの投稿で『写真の加工』についての話題になったときに、『でもこれ…加工って私、何を加工って言ってるのかなと思ってたの』と、最近主流となっているSNS投稿時の画像の加工については、あまり理解をしていない様子でした。続けて『色を変えたりすることを加工だと思ってたのね。目を大きくしたり鼻をなんとかしたりとかでしょ。すごいですよね、そんなアプリみんな持ってるんですか!?』と、驚きを隠せない様子。アシスタントの垣花正アナが『持ってます。簡単にできるんですよ』と言うと、さらに『なんかやだ〜。ちょっと嫌です、加工は』と拒否感を顕わにしていましたね」(エンタメ誌ライター)

 工藤はその後も、レコードジャケットの撮影時にスタッフが今風に加工修正してくれたものの、「違和感全開で無理だった」と明かし、「実際よりキレイに若く見えるけど、老けてもそれが今の私の顔」だということで加工を戻してもらった経緯を話し、「あんまり目を大きくしたり鼻を小さくしたりとかしない方がいいと思います」と持論を述べた。

 これにネットでは「さすがしーちゃんわかってる。私も写真の加工は苦手。最近は目でかくしすぎが多くて怖いよ」「ありのままが一番だね」「そりゃ目鼻立ちが整った芸能人だから、言えるのよ。普通の人間は、ちょっとでも良く見せようと必死」「顔写真の加工やり過ぎには同意だけど、インスタに載せる料理は、もっと美味しそうに見えるように加工して(笑)」など、様々な意見が上がっている。

「写真の加工といっても美肌補正程度のものから、顔の印象を激変させるほどの修正や、ムッチリ体型がモデル体型になってしまうほどの加工を施す人など多岐にわたります。工藤さんは、まず“空間を歪ませて”まで体型を修正する必要がないほど、抜群のプロポーションを維持していますし、時には加齢を隠しきれない手や足、シワなどがネットで注目を浴びることがありますが、動画やテレビなどの出演したときにはバレてしまう加工であり、実際に、その違いから厳しいツッコミを浴びる女性芸能人も少なくありません。そうした、本当の自分の姿を否定して『可愛い』『美人』と言われたがために、自身をよく見せようとする“姑息さ”に対する拒否感なのでしょう。例えば、最近、流行っている“女性を男性に”、“大人を子供に”変換するアプリ『Snapchat』などで撮影されたものならば、いいファンサービスになると思うので、Koki,さんに教えてもらって、チャレンジしてみてもらいたいものです(笑)」(前出・エンタメ誌ライター)

 もっとも、工藤のネット上での好感度を鑑みると、加工された“違和感全開”な写真を自らSNSにアップするようなことがあれば、大炎上は必至だろう。その意味でも、今回の「加工拒否」は正解だと言えそうだ。

(石見剣)

関連記事(外部サイト)