磯村勇斗、ジルベールの次は深夜ドラマ「サ道」でますます人気沸騰か!?

磯村勇斗、ジルベールの次は深夜ドラマ「サ道」でますます人気沸騰か!?

磯村勇斗、ジルベールの次は深夜ドラマ「サ道」でますます人気沸騰か!?

 6月28日深夜に最終回を迎えたドラマ「きのう何食べた?」(テレビ東京系)。西島秀俊演じるシロさんと内野聖陽演じるケンジのカップルもさることながら、山本耕史演じる小日向大策と磯村勇斗演じる井上航のカップルも視聴者のハートを鷲づかみにしたと言えるだろう。

 特に磯村は、演じていた毒舌小悪魔ジルベール航もキュートだったが、ドラマの合間に「ブラウン マルチクイック9ハンドブレンダー」のCMでエプロン姿を披露。「きょう何食べる?」と「きのう何食べた?」を連想させるセリフで始まり、ハンドブレンダーを使って塊肉をひき肉にし、山芋を手際よくすりおろし、手慣れた様子で“磯バーグ”を調理するという内容なだけに、まるで『何食べ』と連動しているかのようだと大反響となり、多くの女性ファンを増やしたようだ。

「磯村は7月19日スタートの深夜ドラマ『サ道』(テレビ東京系)では、原田泰造演じる主人公・ナカタアツロウとサウナで出会う、コンサル会社を経営する“イケメン蒸し男”を演じますから、磯村人気はまだまだ上昇し続けるのでは。こんかいはドラマの舞台がサウナですから、妄想が大好きな腐女子層からも支持されそうです」(女性誌記者)

 磯村は「サ道」で、劇中に挿入されるサウナ専門用語の説明パートも担当。サウナ室⇒水風呂⇒休憩を3回ほど繰り返すと得られる、快感を伴った一種のトランス状態のことを“ととのう”というそうだが、「サ道」を3回ほど繰り返し視聴して、磯村への思いが“ととのう”女性が出現しそうだ。

関連記事(外部サイト)