「あなたの番です」でジワジワ来ている“会いたいよタイム”には中毒性あり?

「あなたの番です」でジワジワ来ている“会いたいよタイム”には中毒性あり?

「あなたの番です」でジワジワ来ている“会いたいよタイム”には中毒性あり?

 6月30日放送の第11話に「反撃編」がスタートしたドラマ「あなたの番です」(日本テレビ系)。それと同時に田中圭演じる手塚翔太が歌う挿入歌「会いたいよ」が、毎回ノルマのように劇中で流れるようになっている。7月14日放送の第13話までは、殺害された原田知世演じる妻の菜奈を思い出すシーンで「会いたいよ」が流れていたのだが、7月28日放送の第14話では、横浜流星演じる二階堂から恋バナを聞いていた翔太が、不意に菜奈を思い出して泣き崩れ、BGMに「会いたいよ」がカットイン。今やこの曲が流れる状況は「会いたいよタイム」と呼ばれ、ネット上では賛否の声が飛び交っている。

「韓国ドラマのBGMにありがちな切ないバラード曲の『会いたいよ』は、あくまでも歌っているのは手塚翔太であり田中圭ではないことから、ネット上では田中圭はこの挿入歌を歌うことがイヤなのではないか、俳優が歌うことに抵抗があるのではないかなどと指摘されています。また、第14話に“とってつけたような”『会いたいよタイム』があったことで、多くの視聴者が今後も毎回『会いたいよタイム』があることを予想。『「会いたいよ」は何回聞いても笑っちゃうけど流れないと心配になる』『失笑ながらも「会いたいよ」が脳内ループ』など、この曲の中毒性を挙げる声も少なくありません」(女性誌記者)

 8月24日放送の相葉雅紀主演「24時間テレビ42ドラマスペシャル 絆のペダル」にもドラマオリジナルキャラクター・新谷圭吾として出演することが決定した田中。前日の23日には主演の「劇場版 おっさんずラブ〜LOVE or DEAD〜」が公開スタート。田中だらけの夏になりそうだ。

関連記事(外部サイト)