アニメだけじゃない!?山本美月のさらなるマニアックな顔の“ガチ感”

アニメだけじゃない!?山本美月のさらなるマニアックな顔の“ガチ感”

アニメだけじゃない!?山本美月のさらなるマニアックな顔の“ガチ感”

 アニメ好きで知られる女優の山本美月だが、新たな“マニア”を炸裂させた。

「山本は7月31日に、イメージキャラクターを務める無料家計簿アプリなどで知られるマネーフォワードの『10億円軍資金サポートキャンペーン記者発表会』に出席。このイベントで、『もし10億円の軍資金があったら、何をしたい?』という質問に対し、『10億円が大きすぎて、よくわからないんですけど…植物が大好きなので、たくさんの植物に囲まれて過ごしたいです』と答えていました」(スポーツ紙記者)

 山本の植物愛はさらに続き「家にも食虫植物のウツボカズラとか、定番のウンベラータとか結構いる」「チョウチョも飛んでいたらいいな」など話は盛り上がったようだ。

「山本は明治大学出身なのですが、学部はなんと“農学部”。彼女がこの学部を志したのは、高校で生物教師をやっていた祖父の影響もあるようですね」(女性誌記者)

 アニメだけでなく植物にも造詣が深いとは、彼女の趣味の範囲には驚かされる。4月13日に放送された番組「KinKi Kidsのブンブブーン」(フジテレビ系)に出演した時も、山本の“植物愛”が炸裂している。

「この番組で、山本はガラス容器の中で植物を栽培するテラリウムづくりに挑戦。ビーカーやフラスコなどの瓶選びから開始。植物をチョイスし、鉱物や動物の模型を組み合わせ完成したのが“農学部のテラリウム”というテーマの作品。とにかく作品を作っている時の山本の熱中ぶりには驚かされました」(テレビ誌記者)

 また6月23日に放送された番組「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)に出演した際は、自宅で食中植物を育てていると告白。食虫植物のウツボカズラが虫を捕食している写真がスタジオでは披露され、客席から「え〜!」という声が上がると「そんな気持ち悪いものじゃないです、何で『え〜』っていうのか全然わかんない」と、あけっけらかんと言ってのけてスタジオを驚かせた。

「自宅で食虫植物を育てるほど植物好き。この見た目とのギャップが、山本の魅力なのでしょう。農学部出身の知識と、“植物愛”を活かしてEテレあたりから“植物番組”のオファーがきたら、彼女の持ち味が存分に活かせるのですが…」(前出・テレビ誌記者)

 昆虫好きの香川照之のように、山本の“植物愛”に実がなる日は訪れるのか。

(窪田史朗)

関連記事(外部サイト)