名倉潤「うつ病で2カ月間休養」の発表と比較される岡村隆史の病気療養

名倉潤「うつ病で2カ月間休養」の発表と比較される岡村隆史の病気療養

名倉潤「うつ病で2カ月間休養」の発表と比較される岡村隆史の病気療養

 お笑いトリオ・ネプチューンの名倉潤が、8月1日から約2カ月間、うつ病のリハビリのため休養することを所属事務所が発表した。

 名倉は昨年6月に頸椎椎間板ヘルニアの手術を受け、術後の回復は良好だったが、普段の生活圏にはないストレスからうつ病を発症したという。

「ネット上では名倉がうつ病を発表したことで、2010年にお笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史が“体調不良”として休養したことを思い出した人が多いようです。岡村はこの年、体調不良を訴えて5カ月間休養しました。休養時には岡村が重篤な病気にかかっているのではないかと憶測報道が流れましたが、事務所発表はなし。そんな中で明石家さんまが、自身がパーソナリティを務めるラジオ番組『ヤングタウン土曜日』で『精神的なストレスがあるようだから』と漏らしたことから、世間は岡村が置かれている状況をなんとなく察知したことがありました。そのため、『岡村が所属する吉本興業は、名倉が所属するワタナベエンターテイメントと違って、芸人がうつ病にかかったと発表したら笑ってもらえなくなるとでも思ったんでしょう』『やっぱり吉本は隠蔽体質』『ワタナベエンターテイメントは名倉のうつ病を発表して正解』などの声があがっています」(女性誌記者)

 名倉にはゆっくり休養してもらいたい。

関連記事(外部サイト)