工藤静香が公開した「ブルーの絵」が“かつてない賛否”を起こした理由

工藤静香が公開した「ブルーの絵」が“かつてない賛否”を起こした理由

工藤静香が公開した「ブルーの絵」が“かつてない賛否”を起こした理由

 木村拓哉の妻、そしてKoki,の母として“再ブレイク”といっていいほど、その一挙手一投足が注目されがちな歌手の工藤静香。もっとも、多くのアンチも抱えているだけに、特にインスタグラムへの投稿に対しては“炎上のネタ”となりがちなのだが。

 8月21日、工藤は自身のインスタを更新して、自作の絵画を公開している。工藤といえば、絵画をたしなむ芸能人の登竜門「二科展」の常連。これまで出品した作品はすべて入選を果たしているという、なかなかの腕前だ。

「工藤さんは『気持ちのいいブルーの絵が欲しくて描いた物です』『クマノミの居るよ ブルーを見ると少し涼しくなれるかな?』とコメントしていましたが、構図の左半分をウミガメが埋めている、青い海の中を描いた作品になっています。ファンと思しき人たちからは『とても美しいブルー』『すごく素敵です』『その作品売ってほしい』と絶賛コメントが寄せられていました。ファンなら欲しくなるものなのかもしれませんね」(女性誌ライター)

 しかし、この絵がネット上で広がると、途端にアンチから袋叩きの標的に。「こんなの売ってても買わない」「二科展なんて芸能人なら誰でも入選するし」「デッサンおかしいのに画家気取りが嫌」「偏見なしにありきたりな絵にしか見えないけど」「見ててブルーな気分になりました」と、ボロクソ言われ放題。

 ところが…今回ばかりはちょっと様子が違うようなのだ。このような、一方的な罵倒を見るに見かねた人たちからは「ファンに公開してるんだから別にいいのでは?」「工藤さんのことは好きじゃないけど、絵まで貶す人もどうかしてる」「落書きを売って儲けてた花田優一よりよっぽどマシじゃん」と擁護の声も出ているという。指摘のとおり、趣味で描いた絵を公開しただけ。本来、否定のしようもないことではあるが、これまでの料理やセレブらしい日常の切り取りとは明らかに違う反応を呼んだようだ。

 旦那様もお嬢さんも動きがあれば一躍、話題のこのファミリー。今回の賛否もそんなお騒がせ有名人の成せるワザなのかも?

(小机かをる)

関連記事(外部サイト)