アナウンサーより向いてる?小林麻耶、復帰を飾った“あのキャラ”の評判

アナウンサーより向いてる?小林麻耶、復帰を飾った“あのキャラ”の評判

アナウンサーより向いてる?小林麻耶、復帰を飾った“あのキャラ”の評判

 8月19日、タレントでフリーアナウンサーの小林麻耶が、1年振りに番組「痛快TV スカッとジャパン」(フジテレビ系)に出演。ショートドラマでぶりっ子OL・内田美樹を熱演した。

「内田美樹は、昨年、小林が番組で演じ人気のあった強烈すぎるぶりっ子キャラ。今回の復活は、視聴者からも大きな反響を呼んでいます」(テレビ誌記者)

 番組では嫌な業務が発生すると体調不良を訴え、挙げ句の果てに“労災”をアピールするなど“最凶ぶりっ子悪女”を見事に演じきり、ツイッターでも「やっぱりスカッとジャパンのぶりっ子は小林麻耶がダントツだなっ!」「こんな分かりやすいブリブリちゃんな子が実際いたら、、爆笑してしまうだろうな」など絶賛するコメントが上がった。

「小林は今年の5月31日のブログで、本格的に芸能活動を再開することを報告しています。そもそも彼女が活動を休止したのは昨年の8月、結婚を機に所属していたセント・フォースを退社。当時は“芸能界引退”と報じられましたが、ブログでは『体調の為、事務所を辞めました。引退をする為に辞めた訳ではありません』と明言。さらには5月30日に番組『直撃!シンソウ坂上』(フジテレビ系)に出演した際は、2017年に他界した妹の麻央さんの件に絡み、記者の執拗な取材や、麻央の夫・市川海老蔵との再婚説がネット上に流れるなど、事実無根の噂に苦しみ、精神のバランスを崩し体調不良になったと活動休止の経緯を明かしています」(スポーツ紙記者)

 休業を経て復帰した小林。本業のアナウンサーの方では、思わぬアクシデントが…。

「16日に放送された生番組『バイキング』(フジテレビ系)に出演。番組では小林が料理の腕前を披露する企画が行われましたが、スタジオにはかつて、TBS時代に直属の上司だった吉川美代子の姿が。そこで吉川は、小林の言葉使いを厳しく指導。『いやだぁー』というと『“いやだぁー”じゃないでしょ。一度でもTBSアナウンサーを名乗った時期があったのなら“いやだぁー”は駄目です』と注意されていました」(前出・テレビ誌記者)

 他にも小林が「がんばりまぁーす」と言うと、吉川がすかさず「『がんばりまぁーす』は駄目でしょ」とまたしても叱咤される始末。やはり小林は、アナウンサーより“内田美樹”のような、ぶりっ子路線で勝負した方がよさそう!?

(窪田史朗)

関連記事(外部サイト)