「これは経費で落ちません!」平山浩行が演じるマジメ人間“勇さん”がスゴい

「これは経費で落ちません!」平山浩行が演じるマジメ人間“勇さん”がスゴい

「これは経費で落ちません!」平山浩行が演じるマジメ人間“勇さん”がスゴい

 気づけば今期ドラマに3本も出演している平山浩行。「やすらぎの刻〜道」(テレビ朝日系)では我が道を行く硬派な男でありながら召集令状を破り捨て、山に逃げ世捨て人となった根来鉄兵。「わたし旦那をシェアしてた」(日本テレビ系)では小池栄子、りょう、岡本玲演じる3人の女性と事実婚をし、多くの秘密を抱えたまま何者かに殺されてしまった天谷恭平。「これは経費で落ちません!」(NHK)では多部未華子演じる堅物ヒロインから模範にされている“勇さん”こと田倉勇太郎。まったくキャラクターの違う3人をしっかりと演じ分けているのだ。

 特に「これは経費〜」で演じている勇さんは、経理の仕事が立て込んでくると耳栓をして仕事に集中。会話は口頭でなく手書きメモで行うという、徹底した仕事ひと筋の“マジメ人間”だ。

「平山が演じるとクスッと笑える“かわいい男性”に見えてしまうから不思議です。9月6日放送の第7話では、片瀬那奈演じる既婚者の広報担当・皆瀬織子とのキスシーンを森若(多部)が目撃。さらに森若に目撃されたことに気づいた勇さんがどう出るのか、リアルな“オフィスラブ”対応が注目されています」(テレビ誌ライター)

 私生活では2017年12月に一般女性と結婚した平山。「隣にいそうで実はなかなかいないタイプ」の男性を演じさせたらピカイチだろう。

関連記事(外部サイト)