セミキュンしすぎてやばいって!山田涼介「セミオトコ」のキスが凄かった

セミキュンしすぎてやばいって!山田涼介「セミオトコ」のキスが凄かった

セミキュンしすぎてやばいって!山田涼介「セミオトコ」のキスが凄かった

 Hey!Say!JUMPの山田涼介が主演するドラマ「セミオトコ」(テレビ朝日系)の第7話が9月6日に放送され、山田演じるセミオと木南晴夏演じる由香のキスシーンに歓喜の声が殺到。大きな反響を呼んでいる。

「このドラマは、幼い頃からついてない人生を歩んで来た冴えないアラサー女子“おかゆ”さんこと大川由香(木南)がある日アパート『うつせみ荘』のベランダから落下。その際、助けられた羽化寸前のセミが、恩返しのために超イケメンのセミオ(山田)に変身して由香の前に現れるというストーリーです」(テレビ誌ライター)

 ところが、セミの命は七日間。二人の生活も7日目を迎え、由香が共に死ぬつもりなのではないかと見抜いたセミオは「許さないよ、それは。絶対にダメだ」。すると「イヤだ」と座り込んで泣きじゃくる由香に「幸せに生きてください。それが僕の願いです」と伝えてキスをするシーンに、「キスシーン!!!待ってましたぁぁぁ!!!セミきゅんしすぎてやばいって!!」「すくいあげるようなキスがたまらない」「キスの秒数測ったんですけど、ちょうど10秒です」といったコメントが躍った。

「このドラマはNHKの朝ドラ『ひよっこ』などを手掛けた脚本家・岡田惠和氏が山田のため、当て書きしたオリジナルドラマ。岡田氏も『山田さんのセミオトコは、きっと金曜の夜に疲れた心を浄化してくれるでしょう。とびっきりキュート間違いなし』とコメントを寄せています。来週はいよいよ最終回。予告を観た視聴者からは『ほんとにセミオくん消えちゃうんだね、無理だ辛い泣きすぎて自分が怖い』『(最終回の)予告でおかゆさんが“セミオ〜”って泣いてるの辛すぎ』といった声がネットに殺到。最終回を迎え、ますます盛り上がりそうですね」(前出・テレビ誌ライター)

 ファンにとって“夏休みのプレゼント”になったようだ。

(窪田史朗)

関連記事(外部サイト)