「5時に夢中!」代打出演で元NHK・登坂淳一が“てへぺろ”を克服した!?

「5時に夢中!」代打出演で元NHK・登坂淳一が“てへぺろ”を克服した!?

「5時に夢中!」代打出演で元NHK・登坂淳一が“てへぺろ”を克服した!?

 9月12日放送の「5時に夢中!」(TOKYO MX)に大橋未歩アナの代打アシスタントとして出演した“麿”こと登坂淳一アナ。2018年1月にNHKを退社し、同年4月からの新番組「プライムニュースイブニング」(フジテレビ系)でのキャスターを務めるはずだったが「文春砲」を被弾。女性記者に対する“パワハラ疑惑”を報じられ自主降板し、現在は「TOKYO LOVE SPORTS」(TOKYO MX)でのMCや、「BSフジNEWS」(BSフジ)の日曜午後のキャスターを担当。不定期で「ワイドナショー」(フジテレビ系)、「月曜から夜ふかし」(日本テレビ系)にも出演している。

「5時に夢中!」と言えば、“事故物件”と呼ばれる芸能人や局アナなどが流れ着く番組と認識されているため、登坂アナが文春砲を被弾した時から同番組のMCに推す声が視聴者からFAXやメールで届いていた。登坂アナはこの日、「本日のテーマ」として「ムラムラする食べ物はありますか?」と美声で語りかけ、自身は「ブドウ、マンゴー」と回答。さらに「お悩み相談コーナー」では「上手に“てへぺろ”ができない」と明かし、木曜コメンテーターの新潮社出版部長・中瀬ゆかりから、両手であごを支えるようなジェスチャーをしながら舌を出すように指導され、見事な“てへぺろ”を披露した。

「登坂に下ネタを言わせようとする制作側の意図が丸見えな60分でしたが、登坂は難なく乗り越えたと言えるでしょう。また、MCのふかわりょうと並んだ時の画力のおもしろさ、コンビネーションのよさを指摘する声も多く、欠席回が目立つ大橋アナの代打としてコンスタントに登坂アナの出演を望む声があがっているようです」(女性誌記者)

 ネット上では「ふかわと麿が意外に相性いい!」「2人が並んでるとほっこりする」「2人にはおっさんずラブ的な期待感がある」など、好感触の声が相次いでいる登坂アナ。大橋アナもうかうかしていられない?

関連記事(外部サイト)