男性にはあるある!?ヒロミが熱弁した「学校で“大”をするリスク」

男性にはあるある!?ヒロミが熱弁した「学校で“大”をするリスク」

男性にはあるある!?ヒロミが熱弁した「学校で“大”をするリスク」

 お笑いタレントのヒロミが、10月13日に放送された「ワイドナショー」(フジテレビ系)に出演。子供の頃、小学校内で“大”をすることがリスクだったと熱く語って話題になっている。

 番組では、JALが導入した幼児マークについて取り上げた。Web上の予約システムで座席指定する際に、3歳未満の幼児を連れている方の席に幼児マークが表示されるというもので、いわゆる「泣き止まない赤ちゃん問題」でのトラブルを事前に回避できると評判になっているようだ。

「ダウンタウン・松本人志は、幼児マークの話題から『むしろ新幹線でやってほしい。背もたれ倒しますよマーク』とトークを展開し、さらに『トイレ電気付くのやめてほしい、してるの丸出しじゃんか。女性気になると思うけどな〜』と、新幹線のトイレで、中に利用者がいると車両上部にお知らせマークが点灯することへの拒否感を語りました。すると、ニュースキャスターの安藤優子が『意外にそんなの気にしない』とコメント。松本は『(大してるぞと)ツイッターされてると思う、あれって個人情報じゃないかな』と、他人に“大をしている”と思われることが恥ずかしいと展開しています」(テレビ誌ライター)

 出演した山崎夕貴アナも、「気にならない。(トイレに入るタイミングの)目安になるから助かる」と安藤に同意する中、ヒロミは「たぶん男の方が気になるんだと思う。男の子は小学校の時から(学校のトイレが)大と小に別れてるので、大(個室)に入るのがちょっと命がけってところがある。それをいまだに俺たちは引きずってるんだ、どっかに」と、小学生時代に“大”で苦労した過去を述懐したのだ。

 安藤に「なんで命がけ?」と疑問をぶつけられたヒロミは、「(学校で)大をすると、女の子はわからないけど男の子はわかる。『アイツしてたぜ』って(からかわれてしまう)」と、男子ならではの心情を吐露。

「MCの東野幸治に『モップで下から水をかけられたり』とふられたヒロミは『そこを俺たち乗り越えてきてるから…いまだに…』と反応し、安藤も苦笑い。山崎アナも呆れたように『大人になってもソレが…?』と問われたヒロミは『染みついちゃってんのよ』としんみりでしたね」(前出・テレビ誌ライター)

 ネットでは「ヒロミの小学校での“大”話は男の子あるあるだよね」「学校でするといじめられるからと不登校になる男子は多いと思う」「大人になっても引きずるよね…友達や彼女と外出した先でしたくなったとき、いかに“大”と悟られないか気にしてしまう(笑)」「大人になってそんなことを男性は気にしてるんだ(笑)馬鹿だねー」といった反応が上がっている。

「ヒロミもそんな危機感を持っていたとは意外でした。おそらく、大の個室に入った子をからかっている側だったと思いますが、自身も大をしたが最後、立場が変わってしまうと考えていたのでしょう。今も昔も普遍的な『男子あるある』だったのかもしれませんね」(前出・テレビ誌ライター)

 女性にはなかなか理解されにくい男性ならではの悩みを告白したヒロミに共感したという視聴者は多そうだ。

(石見剣)

関連記事(外部サイト)