戸田恵梨香、「スカーレット」でのプロレス技披露にプヲタも拍手喝采!

戸田恵梨香、「スカーレット」でのプロレス技披露にプヲタも拍手喝采!

戸田恵梨香、「スカーレット」でのプロレス技披露にプヲタも拍手喝采!

 10日18日に放送されたNHKの朝ドラ「スカーレット」で主演する女優・戸田恵梨香が、枕を相手に数々の柔道技を披露。最後に枕をバックドロップで投げ、そのままブリッジで決める荒技を披露して、視聴者からも驚きの声が上がっている。

「中学を卒業して信楽を出た戸田演じるヒロインの喜美子は、大阪の荒木荘で住み込みの女中として働き始めて1カ月。ある日、先輩の女中・大久保(三林京子)から破れたストッキングを繕う仕事を任される。次から次へと破れたストッキングを渡された喜美子はイライラを募らせ、自室で『大久保…』と怒りを露わにしながら枕を相手に柔道技でストレス発散。ところが、大久保がいる限りはちゃんとした給料がもらえないと知った喜美子は、怒り心頭。『大久保、とりゃ〜!』の掛け声と共になんと枕をバックドロップ。これにはネット上でも『やっぱり朝ドラは、このくらい豪快なヒロインの方がいい!』『戸田恵梨香のバックドロップを拝めるのは朝ドラだけ!』といったコメントが踊りました」(テレビ誌ライター)

 さらに放送終了後の生番組「あさイチ」(NHK)恒例の「朝ドラ受け」では、MCの博多華丸・大吉の二人は早速この話に触れ、華丸から「アレ、ジャーマンスープレックス?」と聞かれたプロレス好きの大吉は「いいえ、バックドロップ・ホールドです。ジャンボ鶴田さんの得意技」と解説を加え、スタジオは大いに盛り上がった。

「戸田の父は少林寺拳法の道場を開いており、戸田も阪神・淡路大震災で道場が倒壊するまで少林寺拳法を習い、初段の腕前。今回戸田が演じている喜美子は信楽時代に柔道を習っていたため、枕相手に様々の投げ技を披露しています。最後にあんな大技を繰り出すとは、今までの朝ドラヒロインでは考えられないことですね」(テレビ誌ライター)

 今まであまり、アクションシーンには縁のなかった戸田だが、2017年に公開された木村拓哉主演の映画「無限の住人」に出演した際、ワイヤーを使い柱を伝って蹴るアクションシーンにも挑戦している。

「テストの時には、気持ちいいくらい決まり、本人も『なんて気持ちがいいんだ!これはイケる!』と思ったようですが、本番になると中々決まらず40回くらいテイクを重ねていました。本人もアメリカのB級映画が好きなのでアクションに磨きをかけ、いずれは海を渡って欲しいものです」(映画誌ライター)

 朝ドラヒロインとは思えない戸田恵梨香のアクションから、今後も目が離せない!?

(窪田史朗)

関連記事(外部サイト)