「まれに見るイクメン」矢口真里、旦那の子育てトークが呼んだ“逆風”!

「まれに見るイクメン」矢口真里、旦那の子育てトークが呼んだ“逆風”!

「まれに見るイクメン」矢口真里、旦那の子育てトークが呼んだ“逆風”!

 タレントの矢口真里が10月8日、ネット配信されたバラエティ番組「火曜 The NIGHT」(AbemaTV)に出演。8月に第一子を出産、レギュラーだった同番組を7月から産休していたが、この日の放送から復帰を果たしたようだ。

 しかしながら、話題に矢口の出産や子育てエピソードが及ぶと、ネット上には「やっぱ苦手」といった声があふれてしまったようだ。

「矢口さんは『もう懐かしい記憶になっちゃってるんですよね、私の中で。あっ、そうだ、出産したんだ!みたいな感じですね』と述懐。それには世のママたちにもうなずけるものがあったようなのですが、旦那様について『まれに見るイクメンだと思いますよ』と切り込むと、やはり『うわっ』『聞きたくない』『出た出た』といった反応が。もっとも、馴れ初めが皆さんご存知の流れですから、素直に聞くことは難しいかもしれません。矢口さんによれば『真剣にお風呂の入れ方を聞いてたり、オムツも100%替えられたり、ミルクを飲ませたり。ほぼ全部できますね』と子育てに協力的で、ほぼ完璧にこなしてくれるとのこと。しかし、一部からは『そんなの当たり前でしょ!』とのツッコミや『よくそんな幸せ全開モードでいられるよね』との呆れ声も出る始末でした」(女性誌ライター)

 いまさら蒸し返すのもなんだが、矢口は前夫のいない間に自宅で堂々と“不貞愛”を交わしてきたことが知られているだけに、逆風はいまだ凄まじいものがある。ネット上にあった「どう生きても勝手だけどテレビで幸せぶらないでほしい」という声が出てしまうのも致し方ないところなのかも。

(小机かをる)

関連記事(外部サイト)