生まれ変わる関ジャニ∞!丸山隆平と安田章のWボーカルに“不安要素ナシ”

生まれ変わる関ジャニ∞!丸山隆平と安田章のWボーカルに“不安要素ナシ”

生まれ変わる関ジャニ∞!丸山隆平と安田章のWボーカルに“不安要素ナシ”

 昨年の大みそかに渋谷すばる、今年9月末に錦戸亮が脱退し、結成時の8人から5人に減少した現在の関ジャニ∞。その錦戸は10月1日にソロアーティストとしての始動を発表。5人新体制となる関ジャニは、グループ史上2度目となる47都道府県ツアーを11月6日、大阪・松竹座でスタートさせる(〜20年4月28日、沖縄・アイコ・ユニバースてだこホール)。

 かつての関ジャニのツインボーカリストだった渋谷と錦戸が抜けた穴は大きいと思われるが、新体制に不安はない。ギター兼ボーカルの安田章大、ベース兼ボーカルの丸山隆平がいるからだ。アイドル誌の編集者は言う。

「この2人に、関ジャニの初期メンバーである内博貴、退所した水野清仁さんと今山透さんを加えた5人は、関西ジャニーズJr.時代に『V.WEST(ファイブウエスト)』というバンドを結成しています。このころから丸山はベース担当。03年に活動を終えるとき、ダルそうに挨拶をした内に『最後までちゃんとしよう』と声をかけたり、内が不祥事で関ジャニを辞めたときは明るい雰囲気を作るなどして、常にムードメーカーでした」

 10代からベースの練習に熱心。今は、親友でOKAMOTO’Sの名ベーシストであるハマ・オカモトがその腕を認めるほどだ。音楽プロデューサーで数多い楽曲提供がある亀田誠治、Dragon Ash・KenKenも、高く評価している。

「V.WESTは、関西テレビ(現カンテレ)で『週刊V.WEST』という冠番組を持っていました。さらに、ハウス食品のスナック菓子『焙りコーン』のCMにも出演。ライブハウスのZepp Osakaで単独コンサートも行っており、01年7月には『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)にも出演。当然、CDデビューの噂が絶えなかったのですが…」(前出・アイドル誌編集者)

 水野と今山が脱退・退所すると、大倉忠義が新メンバーで加入。この橋渡しをしたのは、安田だ。大倉がドラムをかじっていることを知っていたからだ。これを機に、大倉はドラムを猛特訓。V.WESTの消滅後、03年に関ジャニ8(当時)が誕生した。

 関ジャニの起源が丸山と安田であることは明白。この2人がメインボーカリストとなるこれからの関ジャニに、不安要素はゼロだ。

(北村ともこ)

関連記事(外部サイト)