宇垣美里に「感覚がズレててドン引き」のツッコミが殺到した“失敗談”とは?

宇垣美里に「感覚がズレててドン引き」のツッコミが殺到した“失敗談”とは?

宇垣美里に「感覚がズレててドン引き」のツッコミが殺到した“失敗談”とは?

 フリーアナウンサーの宇垣美里が10月29日、アシスタントを務めるラジオ番組「篠田麻里子のGOOD LIFE LAB!」(TBSラジオ)に出演。プロアスリートに怒られたエピソードを披露している。

 怒られたエピソードに共演者から聞かれた宇垣は「あんまり怒られたことないんですけど」と前置きした上で、「一回どうしても通れなくて、選手の前を通る…後ろに道がなくて、前を通ったらその後にめちゃくちゃに怒られて」と、どうやらスポーツ取材の現場の通路が狭かったことからプロアスリートの前を横切ってしまったため、怒られてしまったとのこと。

 詳細な状況こそ分からないものの、TBS時代には「スーパーサッカーJ+」「炎の体育会TV」と、スポーツ選手と関わることが多かった宇垣ならではのエピソードだったようだ。

 また、宇垣はプロアスリートに怒られたことについては「『お前じゃあそこ通ってみろよ!』って思いながら」「『どいて下さい』って言えばよかったかな。時間もないしと思って、通っちゃったのをあとで怒られた記憶はあります」と当時を振り返っており、自身としては怒られたことにどうしても納得がいかない様子だった。

 しかし、このエピソードにネット上では「そこは『どいてください』じゃなくて、『よろしいですか』『失礼します』だろ」「前から知ってたけど、プライド高すぎるわ」「いやいや、感覚がズレすぎてて、ドン引きなんだけど…」など、宇垣に対してのツッコミが浴びせられている。

「もし、そのアスリートが取材を受けている最中といった状況であれば、その前を通ることは報道関係者としてはあり得ない行動。取材中じゃなくても、『失礼します』ぐらいの配慮は欲しいですね。そのため、これが新人時代の失態であり、宇垣がこのことを反省しているのならば百歩譲って分かりますが、全く悪びれる様子もありませんから、世間も呆れてしまっているようですね。プロデューサーから出されたコーヒーを『あなたからもらったコーヒーは飲めません!』と捨てたり、本人はウケ狙いと釈明していたものの、加藤浩次から指摘を受けて、台本を投げたりと、とにかく気が強い宇垣ですから、スポーツ選手に怒られたことに納得がいかないのもなんとなく分かります。それでも、一般的なアナウンサーの感覚とは明らかにかけ離れているのは間違いないでしょう」(エンタメ誌ライター)

 アナウンサーはバラエティにおいてはタレントを立てること、取材の現場では関係者への配慮も必要なスキル。こういったエピソードからも局アナからタレント業メインに方向転換したことは英断だったと讃えたい!

(田中康)

関連記事(外部サイト)