よつんばいで練習!?橋本マナミ、子供の頃に憧れた馬の“部位”とは

よつんばいで練習!?橋本マナミ、子供の頃に憧れた馬の“部位”とは

よつんばいで練習!?橋本マナミ、子供の頃に憧れた馬の“部位”とは

 タレント・橋本マナミが11月3日に放送された番組「誰だって波瀾爆笑」(日本テレビ系)に出演。そこで“子供の頃になりたかったもの”として、ビックリ仰天の発言をした。

「橋本はまず、子供の頃は『すごい内気で内向的、大人しくて物静かだった』と告白。そんな中、憧れていたのがなんと“馬”。『馬のおしりの筋肉がすごいカッコ良くて』と、馬に憧れるあまり『そのおしりの筋肉をつけたくて、家の茶の間とかをよつんばいで走りまわっていた』と話し、スタジオの笑いを誘っていました」(テレビ誌記者)

 馬になりたくてよつんばいで走り回っていたとは、なんとも奇抜な発想。橋本は“馬だけでなくて動物全般が好き”と話し、「ムツゴロウ王国を作りたかったんです」と子供の頃の夢も語っている。

「橋本は子供の頃に、乗馬クラブに通っていたことも自身のブログで明かしています。本人曰く、『馬の真似ばかりする橋本をみかねた母が、オススメしてくれたのが乗馬クラブ。習い事がなかなか続かない私が、小学六年間通い続けられた唯一の習い事』と明かしています」(前出・テレビ誌記者)

 とことん馬が好きな橋本。そんな彼女が大人になってからハマったのが競馬である。実際、先月放送された競馬番組「みんなのKEIBA」(フジテレビ系)では、菊花賞のレースにゲストとして出演。この番組は出演者も競馬の予想を行うのだが、そこで橋本の予想が見事W的中。10月20日の彼女のブログでも「菊花賞、かなり迷いましたが見事的中 嬉しすぎます!!ワイド2つともいけました」と喜びの報告をしている。

 また、2013年1月12日のブログでは「競馬やりますか??」というタイトルで、ウィンズでフェアリーステークスを観戦したことも報告。「おじさま方に混ざって1人で楽しんできました」「競馬ってコースの状態、長さ、騎手によって全然変わってくるから奥深いよね、、、!!」と競馬の醍醐味を語っている。

「彼女のブログには、時々競馬ネタが登場。さらに『夕刊フジ』では、毎週土曜の競馬面で『橋本マナミに乗っかれG』というコラムも連載しています。根っからの競馬好きなんですね」(スポーツ紙記者)

 競馬好きが高じて連載コラムまで。さらに“美人予想屋”という顔も持っているようだ。

(窪田史朗)

関連記事(外部サイト)