木下優樹菜、SNSへの「お祝いコメント」は少なめのかなり寂しいバースデー

木下優樹菜、SNSへの「お祝いコメント」は少なめのかなり寂しいバースデー

木下優樹菜、SNSへの「お祝いコメント」は少なめのかなり寂しいバースデー

 タレントの木下優樹菜が12月4日、32歳の誕生日を迎えた。木下は実姉が勤務していたタピオカ店の店主に恫喝まがいのDMを送ったトラブルが発覚し、11月18日に「当面の間の活動自粛」を発表、インスタグラムの更新も止まったままだ。

 木下が誕生日を迎えた4日、インスタグラムにはフォロワーからの誕生日を祝うコメントがちらほらと寄せられている。

「ユッキーナ、誕生日おめでとう!」「いろいろ大変だけど頑張って」「来年は、幸せな時間を過ごせる誕生日になることを祈ってるね」といった祝福コメントが寄せられているが…。

「フォロワー数530万人を誇る木下さんとしては、残念ながら寂しい感じが否めないですね。騒動後のインスタグラム更新がないので仕方ないのですが。相変わらず炎上も収まらず、辛らつな言葉、お叱りコメント、誹謗中傷の類も多いです」(芸能ライター)

 ネットでは「とても誕生日祝福する気になれない」「タピオカおばたん誕生日おめでとう」「事務所総出でお祝いしてもらえるの?」「タッピーバースデー」「散々な誕生日だな、ちょっとかわいそう」「身から出たさびなので仕方ない」といった“今年の裏流行語”とも言えるDMに盛り込んだ物騒ワードをモジった皮肉などを含めた反応が起きている。

「本来なら、仕事の現場などで盛大にお祝いをしてもらえるハズだったんでしょうけどね…今年はさすがに家で大人しくしてるしかなかったのでは」(前出・芸能ライター)

 来年の誕生日は、盛大に祝ってもらえる日常を取り戻せているかどうか、果たして。

(石見剣)

関連記事(外部サイト)