木村拓哉がドラマ「教場」の打ち上げで「夜空ノムコウ」を弾き語りしていた!

木村拓哉がドラマ「教場」の打ち上げで「夜空ノムコウ」を弾き語りしていた!

木村拓哉がドラマ「教場」の打ち上げで「夜空ノムコウ」を弾き語りしていた!

 木村拓哉が主演する日曜劇場「グランメゾン東京」(TBS系)の第10話が12月22日に放送され、平均視聴率11.1%。「M-1グランプリ2019」(テレビ朝日系)や「全日本フィギュアスケート選手権 男子フリー」(フジテレビ系)といった強い裏番組が並ぶ中、高視聴率を維持。最終回に向かって弾みをつける結果となった。

「このドラマは、フランス料理の天才シェフ・尾花夏樹(木村)が、ある事件をきっかけに店も仲間も失うも、世界最高の三つ星レストランを目指して再び立ち上がるという物語。しかしラス前の放送で最も驚きの声が上がったのが、最終回の予告。トラブル発生の中、『今度は俺が救ってやる』と呟いて、しのぎを削るライバル店『gaku』のシェフ・丹後(尾上菊之助)が登場する姿に、ネットでは『うおぉぁああ!!丹後さんがグランメゾンにやってきた!』『まさか来るの?グランメゾンに?』『みんな大好き丹後さんが救世主に!!!』といった驚きの声が殺到。最終回を前にて一体何が起こるのか。大注目です」(エンタメ誌ライター)

 しかしこの日、キムタクファンを驚かせたのは、これだけではない。木村がナビゲーターを務めるラジオ番組「木村拓哉 Flow supported by GYAO!」(TOKYO FM)に、来年1月4日と5日、二夜連続で放送される開局60周年特別企画・ドラマ「教場」(フジテレビ系)で共演する大島優子と三浦翔平が登場。番組の打ち上げで主演する木村が、SMAPの代表曲「夜空ノムコウ」を弾き語りで歌ったことが明らかになり、騒然となった。

「番組最後の“人生の一曲”のコーナーで、三浦は打ち上げの席で同じ生徒役だった山岸健太がギターを持ってきて弾いていると、木村が『ちょっと貸してみ』といってギターを手に取り『夜空ノムコウ』を弾き語り。スタッフやみんなも集まってきて大合唱になったと、マル秘エピソードを告白。その後、“人生の一曲”として『夜空ノムコウ』がかかるとネットでも、『木村拓哉のSMAP愛がバリバリ伝わるんですけど!』『たっくんの嬉しそうな声がすごく伝わってきた』さらには『夜空ノムコウも、ソロカバーしてほしいよ』といったコメントが躍っていました」(放送作家)

「グランメゾン東京」の最終回を前に、この日はファンにとって、少し早めのクリスマスプレゼントになったのでは!?

(窪田史朗)

関連記事(外部サイト)