妻の不貞疑惑を「ファンキー」で封印した立川志らくは本当に器がデカいのか

妻の不貞疑惑を「ファンキー」で封印した立川志らくは本当に器がデカいのか

妻の不貞疑惑を「ファンキー」で封印した立川志らくは本当に器がデカいのか

 落語家の立川志らくが3月5日、司会を務める「グッとラック!」(TBS系)に生出演し、同日発売の「週刊文春」で、妻で元女優の酒井莉加と自らの弟子・立川うおるたーの不貞疑惑が報じられたことについて言及した。

 志らくは番組冒頭、「本来ですと重要な話題をすぐにお届けしなくちゃいけないのですが。志らくごときの事で真に申し訳ありません」と切り出し、「私のプライベートでごたごたが起きまして、週刊誌に私の妻と弟子との不倫関係が掲載されました。それに関しては、妻のことを信じておりますので、このことで夫婦の絆が壊れることもございません。離婚することも1億パーセントもございません。なぜそんな事が言えるかというと、家族だから。この程度の事で家族の絆が崩れることはない。私のかけがえのない妻を世間の目から命がけで守る」と、夫婦関係はいささかも揺るがないことを強調した。

 番組冒頭でMCが謝罪するという事態に、国山ハセンアナは「いきなりこんな感じで始まるから、番組が終わっちゃうのかなと思うじゃないですか」と驚きの表情。

 志らくはその後も「私が悪い事というか、監督不行き届きでございますので。ウチのかみさんは18歳年下で、ファンキーおかみと言われてるぐらいで。お酒を飲むとわけがわからなくなっちゃうんですよ。だから、これ以上酒を飲むなと。弟子にも愛情をかけすぎるなと。弟子にも子どもみたいなものだから、お前いい加減にしろと小言を言いました。夫婦はいろいろありますから、大変ですよ」と報道後の妻とのやり取りを明かし、「こんなこと言うと、全然知らない人が『文春』買っちゃおうかって本が売れちゃうんですけど。文春砲を食らってしまったわけです。皆さん、立ち読みでいいですから!」と続けて笑わせた。

「『デマは信じない』と口にして奥さんの不貞疑惑を否定した志らくですが、文春の記事には証拠写真が多く、記述も具体的ですからね。とりわけ記者の眼前で展開された逢瀬中の行為が全て“デマ”とは本人も思っていないでしょう。それでも清濁併せ飲んで『妻を信じる』『離婚は1億%ない』と言い切った志らくには、お茶の間から《器がデカすぎ》と驚きの声が相次いでいます。一方で、文春には過去に別の弟子との不貞で破門にしたエピソードも紹介されていることから、《そもそも奥さんのことに無頓着なのでは》といった指摘も。今回の志らくの対応には、同じ文春砲にテレビマンとの不貞疑惑を報じられた妻の藤吉久美子について、『誰が見てもクロ』『でも離婚はしない』『妻を守る』と会見で話した太川陽介の“神対応”が思い出されましたね」(芸能記者)

 当時は「ひるおび」(TBS系)のコメンテーターだった志らく。まさか、その2年後に自らがMCを務める番組で妻の不貞問題を取り上げる羽目になるとは、予想だにしなかっただろう。いや、準備していたか?

(石見剣)

関連記事(外部サイト)