「スマホを落とした」のアルピー平子は屈指の“演技派芸人”だった

「スマホを落とした」のアルピー平子は屈指の“演技派芸人”だった

「スマホを落とした」のアルピー平子は屈指の“演技派芸人”だった

 千葉雄大と白石麻衣がメインを務める公開中の映画「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」で、演技力の高さが話題になっているお笑いコンビ・アルコ&ピースの平子祐希。田中圭と北川景子がメインキャストだった前作「スマホを落としただけなのに」に平子の相方である酒井健太が出演しており、今回は平子が出演することになったのだが、すると共演している成田凌と井浦新が平子の迫真の演技を大絶賛。公開後はその評価が世間にも浸透しているようだ。

「平子が演じているのは、成田演じる連続殺人犯・浦野を監視する捜査一課の刑事・吉原。平子は以前、格闘家を目指してトレーニングしていたこともありガタイがよく、浦野(成田)を取り押さえようとするシーンではその体格と鬼気迫る表情とが相まって、確かに迫力のあるシーンに仕上がっています。成田は2月25日深夜放送の『アカデミーナイトG』(TBS系)にVTRで出演し、このシーンでの平子を『最初からガーンと来てくれたから、僕からいろいろ引き出してくれて。「ありがてぇー!」と思ってやってました』と振り返り、隣に映っていた井浦も『平子さん、すごかったよね』と同意していました」(女性誌記者)

 芸人が芝居に起用される例が増えているが、平子はなかでも指折りの“演技派芸人”の1人といえそうだ。

関連記事(外部サイト)