木村拓哉が忌野清志郎にこだわり続ける理由が泣けた!

木村拓哉が忌野清志郎にこだわり続ける理由が泣けた!

木村拓哉が忌野清志郎にこだわり続ける理由が泣けた!

 令和2年は、“シンガー”木村拓哉も絶好調だ。1月8日にリリースした初のソロアルバム「Go with the Flow」は、オリコン週間アルバムランキングで初登場1位を獲得。リードトラック「One and Only」はインターネット動画・GYAO!の新CMに起用され、いきものがかり・水野良樹が提供した「NEW START」はスマートフォン向けアクションRPG「白猫プロジェクト」のCMタイアップソングだ。

 同作ではほかにも、親友でアーティストの稲葉浩志(B’z)、森山直太朗、槇原敬之、LOVE PSYCHEDELICOなど、SMAP時代から交流のある面々が楽曲を提供している。その掉尾を飾るのは、「弱い僕だから(session)」。作詞作曲は、故・忌野清志郎。編曲は三宅伸治で、木村は音楽の力を借りて清志郎をよみがえらせた。

「2人は、木村の主演ドラマ『ギフト』(フジテレビ系)で初共演。撮影中のオフ時、SMAPでアルバムを作る話題になり、ソロ曲について考えていると、清志郎さんが『まだ音源にしてない曲あるけど、いる?今度、録って持ってくるね』と言ってくれて、後日本当に自分で歌ったカセットテープを持ってきてくれたそう。それが、同年にリリースされたSMAPのアルバム『SMAP 011 ス』に収録された『弱い僕だから』のルーツです」(音楽誌ライター)

 忌野は09年5月2日、58歳の若さでこの世を去った。昨年5月4日、ゆかりあるアーティストが集結したイベント「忌野清志郎 ロックン・ロール・ショー」が東京・日比谷野外音楽堂で開催されたが、木村は本編ラストで、忌野の写真がデザインされたTシャツに黒いレザージャンパー姿でサプライズ登場。満場の観客を沸かせた。

 2人が音楽を通じて距離を縮めた背景には、ある有名文化人がいた。糸井重里だ。木村とはおよそ20年前、「平成教育委員会」(フジテレビ系)での共演を機に親しくなり、釣りなど共通の趣味を楽しむ仲だ。

「木村が落ち込んでいた20代中盤、糸井さんが『聴いてみたら?』とRCサクセションの『君が僕を知ってる』という曲を勧めたんです。それもひとつのきっかけになって、以降は糸井さん抜きで清志郎さんと連絡を取りあう仲になったといいます」(前出・音楽誌ライター)

 アルバムのために再録された「弱い僕だから(session)」では、忌野の右腕だった三宅率いる三宅伸治BANDが完全復活。当時の清志郎スタイルを踏襲すべく、メンバー全員が集まって、一発録りしたという。

 木村は、2月16日に放映された「輝き続けるキヨシロー」(BSフジ)に出演。これがBS初登場となった。先行公開されたYouTube公式チャンネルでは、レコーディングに挑む姿が予告編としてアップされている。

 キムタクとキヨシローはリアルな深イイ関係だったのだ。

(北村ともこ)

関連記事(外部サイト)