オスカー退社の岡田結実、個人事務所の後ろ盾に父親のコネ?

オスカー退社の岡田結実、個人事務所の後ろ盾に父親のコネ?

オスカー退社の岡田結実、個人事務所の後ろ盾に父親のコネ?

 バラエティタレントで女優としても活動する岡田結実が、所属事務所のオスカープロモーションを退社するという。3月11日にスポーツ紙などが報じたもの。岡田には以前からオスカー退社の噂が立っていたが、それが現実となったようだ。

 今後については個人事務所を設立すると報じられているが、さほど実績があるとは言えない19歳の若手タレントの独立には疑問を呈する声も少なくない。そんな岡田について芸能記者が指摘する。

「彼女ほどの知名度があれば、多くの事務所が手を挙げるはず。オスカーは業界団体の日本音楽事業者協会(音事協)に所属しておらず、音事協が定める加盟社同士の引き抜き禁止に該当しないため、どこの所属になろうと自由。それでも個人事務所を設立するということから、後ろ盾となる大手事務所がいることはまず間違いないでしょう」

 その岡田はお笑い芸人・岡田圭右の娘として知られており、順当に考えれば父親と同じ松竹芸能に所属すれば良さそうなもの。圭右は娘との共演にNGを出しているといわれるが、同じ事務所に入るだけなら問題ないはずだ。

 その松竹芸能はお笑いや古典芸能のイメージが強いものの、堀ちえみはアイドル引退から復帰した1989年に松竹入り。最近では元アイドリング!!!の酒井瞳やメロンの被り物で知られる山口めろんといった元アイドルも入所しており、女性タレントも少なくない。それゆえ岡田の新所属先にはもってこいに思えるのだが…。

「報道によると岡田は、母親でタレントの岡田祐佳と合流する情報があるとのこと。祐佳は17年に圭右と離婚しており、結実の親権も持っていることから、圭右と同じ松竹芸能に入ることはなさそうです。とはいえ圭右と結実の父娘関係は広く知られるところですし、松竹としても売れっ子候補はぜひとも欲しいところ。そのため松竹が後ろ盾となって個人事務所を設立させ、業務提携の形をとるのではないでしょうか」(前出・芸能記者)

 女優の場合、映画やドラマのオーディション情報を得るためにも音事協系の事務所に入ることは重要だとされる。岡田も今後ますます女優として活躍するのかもしれない。

(白根麻子)

関連記事(外部サイト)