「そっちで全員集合したら…」加藤茶の志村けんへの弔辞に視聴者涙腺崩壊

「そっちで全員集合したら…」加藤茶の志村けんへの弔辞に視聴者涙腺崩壊

「そっちで全員集合したら…」加藤茶の志村けんへの弔辞に視聴者涙腺崩壊

 3月29日に新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなった志村けんさん(享年70)を追悼する「志村けんさん追悼特別番組 46年間笑いをありがとう」(フジテレビ系)が4月1日、生放送された。その内容は「ドリフ大爆笑」「志村けんのバカ殿様」「志村けんのだいじょうぶだぁ」の名場面で、在りし日の志村さんを振り返るというもの。「ザ・ドリフターズ」の高木ブー、仲本工事、加藤茶をはじめ、志村さんと共演の多かった研ナオコといしのようこが出演した。

 感染の危険がある新型コロナウイルスに罹患したため、通常の葬儀もままならなかったという志村さんのために、エンディングで加藤が“弔辞”を読み上げた。

《志村、ひどすぎるぞ、お前。いちばん若いお前が俺たちを差し置いて天国に逝っちゃうなんてなあ。まだ俺たちと一緒にやらなきゃいけないことがたくさんあっただろう。それを一人で勝手に先に逝っちゃうなんて。お前は馬鹿だよ。天国の長さんも、まさかお前が最初に来るなんて思ってもなかっただろうな。(中略)いずれそう遠くないうちに俺たちもそっちに行くと思うから、それまで長さんと酒でも酌み交わしながらドリフの新しいネタでも考えておいてくれよ。5人が全員そっちで全員集合したら、そっちのお客さんを大爆笑させようぜ。約束だぞ。じゃあ、それまでゆっくり休んでくれ。大好きな志村よ》

「この弔辞に視聴者は『加トちゃんの弔辞に涙涙』『加藤さん、泣かずに弔辞読んでたけど俺はボロボロ泣いてしまった』『加藤さんの弔辞すごく良かったです!』『コントは笑って観たけど、加藤茶の弔辞で涙腺崩壊』など、改めて深い悲しみに包まれたようです。感染する病気だったため、見舞いも看取ることもできなかったメンバーの辛さがひしひしと伝わってきました」(芸能ライター)

 日本の芸能史に名を残す、偉大なエンターテイナーだった。

関連記事(外部サイト)