「いいね!光源氏くん」に千葉雄大“恍惚の”サービスカット

「いいね!光源氏くん」に千葉雄大“恍惚の”サービスカット

「いいね!光源氏くん」に千葉雄大“恍惚の”サービスカット

 千葉雄大が光源氏役を演じて話題を呼んでいるドラマ「いいね! 光源氏くん」(NHK)。女優の伊藤沙莉演じるメーカー勤務のOL・沙織の元へ、平安時代からジャンプして来た光源氏が、令和の現代に驚きながらも様々なものに感激。その度に和歌を詠むなど、浮世離れした行動が笑いを誘うラブコメディだ。

 4月18日に放送された第3話は、甘いものが大好きな光源氏が、沙織に促されてダイエットに挑戦するという内容であった。

「ドラマの前半で、現代のスイーツに魅了された光源氏が、和歌のオフ会で取り巻き女子たちに連れられてスイーツバイキングで甘いものを堪能するシーンが登場します。そこで特に千葉ファンが注目したのが“チョコレートの食べ方”でした」(エンタメ誌ライター)

 ドラマでは噴水状のチョコレートファウンテンにくぐらせた苺やマシュマロを食べるシーンが登場。その時、千葉は恍惚とした表情を浮かべながらゆっくりとそれを口に入れる。しかも食べる瞬間は口元にクローズアップし、唇についたチョコレートをペロリと舐める仕草まで映すサービスっぷりだ。

 このシーンが放送されるやいなや、ツイッターでは「サービスカットだな、このチョコの食べ方!」「NHKが千葉雄大に艶っぽくチョコ食べさせていて良い」などの興奮コメントが多数寄せられた。

「千葉は “食べ方が綺麗”なことでも知られます。2月9日に放送された番組『バナナマンのせっかくグルメ!SP』(TBS系)では、お笑いコンビ・ずんの飯尾和樹とともにラーメンやパフェなどを食べたのですが、その食べる仕草についてネットでは『綺麗!』『天使…』など称賛の声が上がりました」(女性誌記者)

 男らしくガツガツ食べるのもいいが、“ヌクメン”の千葉には、やはり美しい食べ方が似合う。今後も「いいね! 光源氏くん」での“雅な食べ方”に注目したい。

(窪田史朗)

関連記事(外部サイト)